ドラマ情報

アクセスカウンタ

zoom RSS 外科医ポン・ダルヒ 【韓国ドラマ】

<<   作成日時 : 2010/09/21 09:58   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

外科医ポン・ダルヒ

■『外科医ポン・ダルヒ』
救命医療現場を舞台にしたヒューマンドラマ。
「ファッション70’s」のイ・ヨウォン、「オンエアー」のイ・ボムス、「チェオクの剣」のキム・ミンジュン、「恋愛時代」のオ・ユナなど人気と実力を兼ね備えた俳優陣が揃った本格医療ドラマ。最終回は視聴率も30%を突破(首都圏部)し、その後の職業ドラマブームを牽引する存在となった2007年上半期の大ヒット作。
医療現場を舞台に、研修医が周囲の外科医や仲間たちとの触れ合いを通して成長していく感動のヒューマンドラマ。地方医大出身の外科医研修1年生のポン・ダルヒは、研修生の中では年上で心臓病歴があるなどハンディを抱えていた。心臓病に苦しむ故郷の子供達を救うために胸部外科を学ぶために国立病院の研修医となる。新米医師として経験する様々な事件を通じて医師として成長していく。

◆第1話 新たな第一歩
ウルルン島で働く女医ポン・ダルヒ。自らも心臓病と戦いながら、小児心臓専門医を目指して日々奮闘していた。
ある日ダルヒは、港で足を負傷した男性の救護に駆け付ける。だが男性は、なぜか胸の痛みを訴え意識不明。原因が分からずうろたえるダルヒの前に、見知らぬ医師が現れ的確な応急処置を行う。医師は、ダルヒに医者をやめろと忠告して去る。数週間後、ダルヒは妹の協力を得て、母にロンドンで留学すると嘘をつき韓国大学病院のレジデント課程に進むためソウルへ上京する。

◆第2話 生と死の狭間で
外科レジデントとして奔走するダルヒは、一日目から医療現場の荒波に飲み込まれる。ダルヒが昼間担当した患者が、急患で担ぎこまれた上、心筋こうそくで死亡。胸部外科の最年少教授アン・ジュングンに厳しく責任を問われる。さらに、末期肝臓がんの少年ドンゴンにサツモイモを与えたところ、病状が悪化。小児科医ムンギョンにも叱責され、すっかり落ち込む。

◆第3話 死を乗り越えて
ダルヒの元に建設現場の事故患者が搬送されて来た。ダルヒは心筋こうそくの患者を死なせてしまったことがトラウマとなっていたが、何とか患者の命を救うことができ、少しだけ希望を見出すことができるようになる。ダルヒは、同期アラの患者の処置に疑問を持ち、生体検査を行うようゴヌクに訴えるが、聞き入れてもらえない。それを見たジュングンは、勝手に患者を診察、緊急手術を行おうとする。

◆第4話 対立
患者を奪われ怒ったゴヌクは、急いで手術室へ。術前に検査をするべきだと主張するが、ジュングンは、検査は不要と言い返す。緊迫する手術室。結局、ジュングンの判断が正しいことが判明し、ゴヌクは…。

◆第5話 私と他人の境界線
元妻ムンギョンに、息子スンミンの父親代わりになってほしいと頼まれたゴヌク。スンミンへの愛情とプライドのはざ間で揺れる。一方、担当患者を亡くしたアラは、動揺を隠して気丈に振舞う。ダルヒはさり気なく気を使うが逆効果。その晩、ダルヒは、院内で1人酒を飲むゴヌクと遭遇して…。

◆第6話 体温36.5度の理由
ある日、スンミンが重い心臓病で運ばれてくる。スンミンは急性拡張型心臓病の重症例で心臓移植以外助かる方法はないことがわかる。このままでは半年の命であろうと伝えられ、母であるムンギョンはうろたえる。

◆第7話 心臓
救急車で脳死患者の女性の搬送を頼まれたダルヒは、山道で事故に巻き込まれる。崖から救急車ごと転落するかもしれない恐怖を感じながらも、彼女はアンビューを離さない。だが、同乗していた脳死患者の夫は、ダルヒに先に逃げるように説得しだし…。

◆第8話 偉大な手術
ムンギョンはゴヌクに謝罪をし、スンミンが良くなるまででいいから父親でいて欲しいと頼み込む。翌日、脳死患者のドナーの情報が入ってくるが、それは成人の女性でスンミンと心臓のサイズが合わない。それでもジュングンは前例のないとされる移植手術を提案してゴヌクと衝突する。

◆第9話 夢をあきらめない
初執刀した盲腸の女性患者の容態がどんどん悪くなってしまい、ダルヒの心配は日増しに大きくなる。一方スンミンの術後は良好で、ムンギョンも一安心であるが、ゴヌクとの関係は最悪になる。と言うのは、スンミンがゴヌクとムンギョンの子供でなく、ムンギョンと他の男との子供だということが病院中に知れ渡ってしまったからだ。その話はゴヌクの叔父であるイ・ヒョンタク博士の耳にも届いてしまう。そんななか、ダルヒの母が妹ミヒに付き添われて、ダルヒの勤める病院に入院してきて…。

◆第10話 新薬
胸部外科のソ部長が会はしているACE治療薬(高血圧治療薬)を投与したダルヒの患者が、小腸の壊死を起こして緊急手術を受けることとなった。また、同じ新薬を投与している入院中の別の患者も、突然の不整脈を起こして集中治療室に運ばれることとなった。ゴヌクは新薬の副作用を疑い、ジュングンに調査を勧めるが、反応は冷たい。そしてジュングンは病院の症例報告会で、患者の症状は新薬の副作用ではなく血栓を見過ごしたゴヌクの診療ミスだという指摘をし、ゴヌクの怒りは頂点に達する。

◆第11話 医者のプライド
ジュングンは新薬の調査を始めるが、そこでソ部長が新薬をの都合の悪い資料を隠蔽していたことを発見してしまう。一方、スンミンの戸籍を抜く件でイ博士とゴヌクが会話をしているのを偶然聞いてしまったムンギョンは…。そんななか、学会でジュングンはソ部長が開発した新しいACE治療薬に重大な副作用があり、市販を延期しなければならないと発表する。

◆第12話 江陵の病院
ダルヒはソ部長に学会で拍手していたことを理由に、ジュングンと同じ江陵の病院へ追いやられてしまう。江陵の病院で、ダルヒはジュングンととともに病院中が反対するHIV患者の手術をすることになる。その手術でジュングンは縫合の際、針で自分の指を突き刺してしまい、手術後のHIV一次検査で陽性の反応が出てしまう。

◆第13話 情熱ふたたび
ある夜、ゴヌクは江陵の病院にいるダルヒを訪問して、先日とは逆にゴヌクから交際を提案する。ゴヌクはダルヒに、ムンギョンとの馴れ初めや7年間の結婚生活について話始め…。そんな折、ジュングンは理事長の孫の先天性疾患の手術のためにソウルへ呼び戻され、ダルヒとともに帰ることになる。

◆第14話 人間的な判断
主治医であるムンギョンも打つ手がないと診断したが、ダルヒはまだ2次治療に望みはあるとしてドンゴンとムンギョンを説得する。そして、ドンゴンの頑張りにより2次治療は順調に進み、彼は退院するまでになるのだが…。

◆第15話 襲い掛かる恐怖
媒酌人を務めたソン博士の志望の知らせを受けてムンギョンはゴヌクの部屋を訪ねる。ムンギョンはゴヌクを慰めようとするが、ゴヌクはそれを拒絶する。一方、2次治療が成功を収めたかに見えたドンゴンが、突然の腹痛を訴えて救急車で搬送されてくる。検査の結果ドンゴンのガンは腹膜に転移しており、もはや治療の術はなく余命1ヶ月だった。ポン・ダルヒはドンゴンの治療のことで一杯になり、他の患者の治療がおぼつかなくなり…。

◆第16話 明日を夢見て
ゴヌクはダルヒの家を訪れるが、ダルヒは会おうとはしない。その夜、ダルヒは母に患者を判断ミスで死なせてしまったと語る。今度はジュングンがダルヒを訪れ、病院を辞める前に症例検討会に出るよう言う。症例検討会で発表するダルヒにジュングンは、「医療的判断にミスはなかった」と告げる。病院に戻らなければクビという日、ポン・ダルヒは母と外出中に交通事故現場を通りかかる。ダルヒは急患にとっさに駆け寄り処置し、韓国病院へと搬送する。ジュングンに一喝され、手術にも参加するダルヒを、同期たちは温かく出迎え…。

◆第17話 命の順位
母子殺害事件の容疑者が逃亡中、衝突事故を起こし搬送される。その直後、容疑者にひかれた子供が搬送される。2人とも重体で、緊急手術が必要だが、後から運ばれてきた子供のための血液が確保できない。子供を担当したゴヌクは、容疑者を担当するジュングンに、血液を先に使わせてほしいと依頼するが、ジュングンはそれを断る。

◆第18話 ジュングンの正体
入院中の殺人犯が、看護をしていたダルヒと監視の警察官を刺して逃亡した。ダルヒと警察官は手術室に運ばれ、緊急手術を受ける。ダルヒは「ジュングンのせいではない」と彼を慰めるが、ジュングンは凶悪な容疑者の命を救ってしまったことを後悔していた。一方、ゴヌクは忙しさのためダルヒを見舞う機会を逃していた。そんなある日ジュングンが、叔父であるイ・ヒョンタクが絶縁した養子イ・ジンピョであることが明らかになる。

◆第19話 幼い日の記憶
ジュングンは、院長に立候補するヒョンタクを陥れようとするソ部長を説得するが、逆に「がんセンター」設立発表の際に公表するよう押し切られてしまう。同じ頃ヒョンタクは、ジュングンの秘密を知らされ驚くが、ジュングンに話しかけようとはしなかった。そしてジュングンは幼い頃、義父母の実の子を自分の責任で死なせてしまい離縁された時を思い出し、苦しんでいた。

◆第20話 愛と憎しみのはざまで
ムンギョンとスンミンを見つめるゴヌクを見た・ダルヒは、ゴヌクがまだ彼らを愛していると感じ、別れ話を切り出す。一方ゴヌクは、オ・ジョンミンという男が、スンミンの本当の父親ではないかと気をもむ。そんなある日、ジュングンとダルヒが担当の妊娠したマルファン症候群の患者が、自身の手術を1週間遅らせて帝王切開で子供を生ませてほしいと懇願してくる。難色を示すジュングンを説得し、ダルヒは妊婦と胎児を救うために時間を惜しまず介護するが…。

◆第21話 忍び寄る影
感染性心内膜炎と診断されたダルヒだったが、ジュングンには異常はなかったと嘘をつく。一方、ゴヌクに責めたてられ、避けられ、スンミンをイ・ゴヌクに会わせることもできず苦悩するムンギョンは、ジョンミンと会う約束をする。そんななかチェボムが明らかな腸閉塞を見逃しそのまま帰宅させてしまった患者が絞扼腸閉塞になってしまう。

◆第22話 忘れられない人
ダルヒの病状は抗生剤の注射により、快復の兆しを見せていた。一方、ジョンミンと再会したムンギョンは、彼にやり直しを提案されるが、その日、ゴヌクと鉢合わせてしまう。酒を飲み、酔い潰れたゴヌクをムンギョンが迎えに行くことに。そして目を覚ました彼に苦しい胸の内を明かされる。彼の気持ちを知ったムンギョンはショックを受け、チェジュ島への転勤を検討するが、ジュングンはスンミンの父親がジョンミンであることを見抜き…。

◆第23話 素直になれなくて…
子供をかばって交通事故に遭ったゴヌクは、念のため受けたMRI検査で肺ガンに侵されている事が分かる。だがゴヌクは、病気を伏せたままいつもにも増して仕事に熱中する。ジュングンはダルヒに対し素直に接することができず、二人はぎくしゃくしていた。そんな折、二人の担当する患者がリンパ節のガン細胞切除のため、食道手術を行うことが決まる。しかし執刀中、ジュングンは反回神経を切ってしまい、声楽家である患者は声を出せなくなってしまった。

◆第24話 医師ゴヌクの選択
肺胞上皮ガンに侵されたゴヌクはジュングンに自分の手術をするように頼む。ダルヒはゴヌクに、ジュングンのことが好きになっていると打ち明ける。だが、二人が一緒にいる様子を見かけたジュングンは嫉妬し、ダルヒに冷たい態度をとってしまう。ムンギョンは今の病院を辞めて、息子スンミンと一緒に済州島に行くことをゴヌクに打ち明ける。そしてゴヌクもまた、彼女にアメリカに行くことを告げる。

◆第25話 許しあう二人
ジュングンからゴヌクが肺がんに罹ったと聞いたムンギョンは、慌ててイ・ゴヌクの元に向かう。ゴヌクは、ムンギョンに心配する必要はないと言い、「もう会いにくるな」と強がる。一方、すれ違いばかりだったジュングンとダルヒは再び映画に行く約束をする。次第に二人は素直に心を開き、付き合い始めるが…。

◆第26話 天国と地獄
互いに敬意を表し、和解したゴヌクとジュングン。そんな矢先ジュングンは、ヒョンタク博士が論文のデータ捏造で窮地にあることを知る。自分を棄てた父に対しての憎しみ以上に、感謝の念から、彼を救おうと決意するジュングンだったが・・・。そんな折、ジュングンが助けた服役囚に刺された傷が原因で、感染症にかかったダルヒの心臓は、またも手術が必要になってしまう。ジュングンは、ダルヒの手術を担当することを彼女に約束する。

◆第27話 三度目の手術
万全を期して手術を開始したジュングンだったが、ダルヒは危険な状態に陥ってしまう。なんとか危機は回避されたものの、ダルヒの不安定な生体弁は機械弁に組み替えられてしまう。手術後、ダルヒは体内に機械弁を植え込まれたことで、従来のように医務に関わることができなくなったという結末に泣き崩れてしまう。故郷に帰り、医師と決別した暮らしを始めようと決めるダルヒ。そんな矢先、ジュングンがダルヒを訪ねて来て・・・。

◆第28話 陽はまた昇る
故郷に帰り、医師と決別した暮らしを始めようと決めたダルヒだったが、ジュングンの言葉に心を動かされ、大学病院に戻る決意をする。ハンディをまといながらも、献身的に医務にかかわっていく中で、自他共に認められるようになってゆくダルヒ。激務でありながらも、いつしか彼女は日々のレジデント生活に充実感を噛みしめるようになっていた。

◆出演:イ・ヨウォン、イ・ボムス、キム・ミンジュン、オ・ユナ、チェ・ヨジン、キム・イングォン

>>外科医ポン・ダルヒ DVD BOX



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
外科医ポン・ダルヒ 【韓国ドラマ】 ドラマ情報/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる