ドラマ情報

アクセスカウンタ

zoom RSS 僕の妻はスーパーウーマン 【韓国ドラマ】

<<   作成日時 : 2011/10/13 10:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

僕の妻はスーパーウーマン

■『僕の妻はスーパーウーマン』
頼りがいのない夫を改造し出世へと導く、内助のバイブル!
夫を成功に導く「女王」となるべく、悪戦苦闘する妻の涙ぐましい成功記。女たちの苦労と実態とは…?かつて王子様をつかみそこねたシンデレラは、やがて愚かな夫と結ばれ、その社会的成功のために力をつくすのだった。彼女たちは、いわば「ガラスの靴を拾った侍女」とも言える。また、鋭いヒールで女王を踏みつける女たち…「夫人会」の実体とは?いずれにせよ、夫の権力すなわち妻の権力。幸せの条件がそろいながら、なぜか不幸な女たち。女は…愛がほしいのだ。

◆第1話
輝く美貌で学生時代に男たちを虜にしたジエ。そんなジエの引き立て役だったボンスンは、男と付き合うこと自体無理だとジエにバカにされ、ついに絶交する。ジエはボンスンが恋したジュンヒョクをも手に入れるが、結婚したのは誰もが羨む将来有望なソウル大出身のダルス。しかし人生は分からない!夫は現在失業中。大手のクイーンズフードに履歴書を出すがコネもなく、ジエは婦人会のボスに口利きを頼もうと潜入を開始する。

◆第2話
キム理事の妻の紹介で企画部長の家を訪ねるジエだが、現れた夫人は自分がかつて見下していたボンスンだった。エリート夫人として美しく変身したボンスンは、学生時代の仕返しとばかりにジエに挑発的な態度をとり、家政婦の代わりまでさせる。夫の就職のために屈辱にも懸命に耐えるジエ。そんなある日、キム理事の義母の葬式に向かったジエは、そこでボンスンの夫がかつての恋人ハン・ジュンヒョクだと知り、仰天する。

◆第3話
就職のことで侮辱されたダルスは、葬式の席でジュンヒョクを殴ってしまう。キム理事夫人にお目玉を食らったばかりか、ダルスが姿を消し帰ってこないことにジエは怒り心頭。その頃、ダルスはかつて自分に好意をもってくれていたソヒョンに誘われ、酔って寝入っていた。無断外泊までしたことでジエに殴り殺されると思ったダルスは、橋の上に登り自殺騒ぎを起こす。結局ダルスはジエに連れられジュンヒョクに謝罪に行くが…。

◆第4話
親ぼく会でのサッカーの試合で、空気の読めないダルスは上司を差し置いて大活躍するという失態を犯す。体裁が悪い中、夫人だけの打ち上げ会でボンスンと飲み比べをしたジエは泥酔。そこへテボンから仮病ではないかと疑いの電話が入り、慌てて病院へ戻ろうとするがタクシーと間違えてテボンの車に乗り込んでしまう。一方、初出社したダルスだったが自分の机がなく、ジュンヒョクに雑用を押し付けられるというイジメにあう。

◆第5話
キム理事夫人に贈ったバッグがボンスンによりコピー品だと明かされ、ジエは大ピンチ。ダルスも相変わらずまともな仕事を与えてもらえず、夫婦で人生を諦めかけるが一念発起し生まれ変わろうと決意する。ジエもプライドを捨てボンスンの奴隷になることを誓うが、早速無理やりゴルフに連れていかれ大恥をかく。一方、コンばかり優遇するジュンヒョクはキム理事から注意を受け、しぶしぶダルスもプレゼンに参加させることになる。

◆第6話
ジエの作った試食品により子供が食中毒になったと騒ぎ立てる女が会社に現れ、ダルスはすぐに解雇を言い渡される。納得がいかないジエは、女の連絡先を知ろうとジュンヒョクを訪ね、そのやりとりを見たボンスンは激しい嫉妬にかられる。食中毒の真相を探る過程でジュンヒョクはコン夫人とボンスンが関与していることを知ってしまう。一方、ダルスは生活費を稼ぐため代行運転を始めるが、そこに客としてソヒョンが待っていた。

◆第7話
生活に困り結婚指輪を売るジエを見たテボンは、急いで買い戻し、ジエに渡す。夫が再就職したらお金を返すというジエだったが、家に帰るとクイーンズフードの正社員になったといううれしい知らせが。ダルスはそれがソヒョンの力によるものではないかと確かめに行くが、ソヒョンから「好きになる」と宣言され驚く。親密そうにするソヒョンとダルスを見たジエは浮気だと思い責め立てるが、ソヒョンが社長の妻だと聞いた瞬間、態度が一変し…。

◆第8話
ソヒョンからの誘いにジエは舞い上がるが、気が気でないダルスはもう会わないようにジエに言う。ソヒョンに取り入るジエが許せないキム理事夫人は、ダルスをクビにするよう夫に懇願。一方、ボンスンの学生時代の日記を偶然見てしまったジュンヒョクは、自分がボンスンの策略によってジエと別れさせられたことを知り愕然とする。ジュンヒョクはダルスの家で歓迎会をするよう指示しジエに会おうとするが、そこにボンスンも現れ…。

◆第9話
会社でダルスとソヒョンが抱き合っているところを目撃したボンスンは、ジエに見せようと監視カメラの映像を手に入れる。それを聞いたジュンヒョクはジエを傷つけようとするボンスンを叱りつけ、ダルスにも警告する。一方、テボンは何かとジエが気になり、偶然を装って会いに行く。ソヒョンは自分の誕生日にも興味を示さないテボンの代わりにダルスに祝ってもらい、いきなり「自分が離婚したら受け入れて欲しい」と言い出す。

◆第10話
テボンはダルスにキスをするソヒョンを目撃し、慌ててその場を立ち去る。ダルスが帰ったのを確かめて改めて家に戻ると、ソヒョンから離婚届を渡される。帰りが遅くなったダルスは言い訳に頭を悩ませるが、その一方でソヒョンのことが気になってしょうがない。離婚届を突き付けたソヒョンは、ついに義父母の前でも離婚を宣言。テボンはジエたちの家庭を心配するが、そんな中、ボンスンはダルスが浮気をしているという噂を流し始める。

◆第11話
ダルスに浮気の真相を確かめるジエだったが、ソヒョンと一緒にいたところを誤解されただけだと説明され、あっさり納得。ボンスンはダルスの浮気を目撃したとジエに吹き込むが、証拠がないと笑い飛ばされる。ところが、ボンスンから監視カメラの映像をもらったキム理事夫人が社長の母親にそれを渡したことから問題が拡大。怒った母親はキム理事に弱みを握られたとソヒョンを怒鳴りつけ、相手を地方に飛ばすか解雇しろと命令する。

◆第12話
ソヒョンは自分と関わったダルスの身に危険が及ばないようダルスを断ち切る決心をするが、急に冷たくなったソヒョンにダルスもジエも戸惑いを隠せない。一方、ソヒョンからダルスを助けるよう頼まれたテボンは、キム理事から決裁を求められたダルスの自宅待機命令を差し戻す。そこで、キム理事はダルスにぬれぎぬを着せようと、ダルスの知り合いを使って接待の場に誘い出し、こっそりダルスのカバンにワイロを忍び込ませる。

◆第13話
ソヒョンの口からダルスが好きだと聞いてしまいショックを受けるジエ。ソヒョンは好奇心でダルスを誘惑しただけで、振り向いてはもらえなかったとジエに説明するが、ダルスは心が揺れたことを正直に話してしまい、怒ったジエに家を追い出される。会社でもうまくいかないダルスは思わず辞表を書くが、ジュンヒョクが現れ大慌て。一方、元気がないジエを心配したテボンは、励まそうとスタジオに連れて行き甘い声で歌い始める。

◆第14話
ダルスとソヒョンが抱き合う映像を見たジエは、とうとう荷物をまとめ実家へ。ボンスンは落ち込んだジエを見てほくそ笑むが、もし離婚してしまったらジュンヒョクとヨリを戻すのではないかと不安になり苛立つ。意を決してソヒョンを訪ねるジエは、その言動を哀れに感じ、妻を寂しがらせる夫が一番悪いとテボンの前でぶちまける。一方、ダルスの疑惑が晴れ追い込まれるキム理事は、ジュンヒョクに罪をかぶせようと秘かに計画を練る。

◆第15話
テボンがダルスの会社の社長だと知ったジエは、今まで自分はだまされていたのだと激怒しテボンを遠ざけようとする。ワイロの件にジュンヒョクが絡んでいたと気づいたダルスは、ジュンヒョクと取っ組み合いのケンカになり、ジエとボンスンまで警察に呼び出されて妻同士のバトルも始まってしまう。そんな中、離婚して立場の悪くなったテボンを社長の座から降ろそうとするキム理事夫妻は、ダルスとジエを利用しようと企みはじめる。

◆第16話
酔っ払ってよろけるジエを抱きとめたテボン。それを見たダルスは、二人の関係が気になり始まる。一方、ジエと一緒にいることに幸せを感じるテボンは、ジエ本人にそれを告白、さらに同じ町に引っ越しまでしてくる。そんな時、ダルスの背任事件をジュンヒョクがねつ造したという投書が舞い込み、会社中のうわさになる。それを聞いたジエはボンスンを訪ね厳しく追及するが、話の途中でボンスンが突然倒れてしまう。

◆第17話
テボンが引っ越してきた本当の理由を巡って、ダルスとテボンが火花を散らしていると、そこへひょっこりジエが現れ、三人はけん制し合いながらも成り行きで酒を飲むことになる。ボンスンの手術が無事に終わり、ジュンヒョクはボンスンへの愛情とその存在の大きさを実感する。しかし、ワイロ事件では、キム理事の圧力からジュンヒョク一人が責任を負うことになってしまい、人事異動で代理に昇進したダルスと一気に立場が逆転する。

◆第18話
パパラッチからダルスを守ろうとしたソヒョンだったが、足を滑ら池に落ちてしまう。ダルスはとっさに飛び込んで助けるが、その様子を見たジエは深く傷つき、その場から逃げるように立ち去る。翌日の新聞ではダルスとソヒョンの熱愛記事まで出てしまい、夫婦の間はもはや修復不可能に。一方、ジュンヒョクはキム理事から完全に見放され、退職勧告を突きつけられてしまう。怒ったボンスンはキム理事夫人と直接対決に向かい…。

◆第19話
本気で離婚を決めたダルスに、ジエは同意するものの涙が止まらない。その頃、テボンの父が突然亡くなり、会社の権力争いが激化。株主総会で社長解任を狙うキム理事が、ジエとテボンが一緒にいる写真を社内に広めたため、不倫だと大騒ぎになる。身を隠すようにして葬式に現れたジエをテボンは連れ去り、ダルスと離婚すると聞いて心が乱れたと正直に気持ちをぶつける。そんな二人の様子を遠くからダルスが悲しげに見つめていた。

◆第20話
ジエを守ろうと、テボンは母や記者たちの前で自分が一方的にジエを愛しているのだと告げる。キム理事にそそのかされたダルスは、テボンを追い出そうと新商品の企画書をライバル社に渡してしまう。ボンスンからダルスが不穏な動きをみせていることを聞いたジエは、ダルスに破滅へと向かっていると忠告するが、テボンのことが心配なだけではないかと言われてしまう。それぞれの思いが交錯する中、いよいよ運命の株主総会の日を迎え…。

◆監督、演出:ゴ・ドンソン、キム・ミンシク
◆脚本:パク・ジウン
◆出演者:キム・ナムジュ、オ・ジホ、イ・ヘヨン、ユン・サンヒョン、チェ・チョロ、ソン・ウソン

>>僕の妻はスーパーウーマン DVD BOX




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
僕の妻はスーパーウーマン 【韓国ドラマ】 ドラマ情報/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる