ドラマ情報

アクセスカウンタ

zoom RSS ER緊急救命室 シーズン9 【海外ドラマ:欧米系】

<<   作成日時 : 2011/08/04 09:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ER緊急救命室 シーズン9

■『ER緊急救命室 シーズン9』
カーター先生を中心にした新生“ER”登場!
シカゴの総合病院を舞台に、臨場感あふれる医療現場とそこで働く医師たちの人間関係をリアルに描いた傑作医療ドラマ。シーズン9では、カーター先生が中心となったERを舞台に、ロマノに降りかかる突発的事故、職場に復帰したコーデイ、あらたな家族の問題に直面するアビーなどの姿が描かれます。

◆第1話 「災害」
天然痘の疑いのある患者が運び込まれ、米国防疫センターにより、隔離されることとになったカーター、アビー、チェン、プラットたちの面々。2週間もそんな生活を続けるうちに、とうとうカーターとアビーは……。そんななか、患者をヘリに運び込もうとしたロマノが事故に巻き込まれる!

◆第2話 「再度死亡」
ウィーバーはけがをしたロマノの代役を引き受けた。そんなERにエラと共にイギリスに帰国したコーデイが戻ってくる。ところが、彼女は以前とは違って冷淡な態度で周囲を驚かせる。一方、カーターは忙しさのあまり、医学生たちを16時間も待たせ、プラットは心筋こうそくで心停止した患者を、独断で蘇生させてしまう……。

◆第3話 反乱
大忙しのERで、患者マレンは誰にも相手にされず、不満を爆発させた。興奮したマレンはチェンに銃を突きつけて薬を入手しようとする事態に発展。日ごろから警備の強化や金属探知機の設置を要求しながら、常にはぐらかされてきたカーターは同僚とともに、この事件を機にストライキを起こす!

◆第4話 男らしく歩こう
ウィーバーはテレビ中継でインフルエンザの予防注射を実演するが、針を取替え忘れるミスを犯す。ガラントは常連患者のステラを担当し、心臓病を心配するが、周囲からはことごとく退院を勧められてしまう。一方、スーザンと飲みにいったアビーに対して、カーターは心配を募らせ……。

◆第5話 悲しい運命
ハロウィーンの日、カーターとアビーはだまされて、がい骨姿とセクシーなナース姿で出勤する。ロマノは腕のケガがなかなか回復せず、手術の監督をするも、コーデイと意見が合わず、大激論を交わす。一方、外科の医学生としてやってきたネイサンは、ある病気に悩まされていて……。

◆第6話 はかない希望
アビーの元を突然弟エリックが訪ねてきた。長期休暇を取った上に、陽気すぎる弟の様子に、エリックも母親と同じ病気ではないかと、アビーは不安になる。カーターはコーデイとアンチトリプシン欠損症の患者アリソンの治療に当たる。延命処置の拒否をしているアリソンをパーキンソン病に苦しみながらも医者を目指すネイサンが説得し……。

◆第7話 痛みに耐えて
ウィーバーは妊娠していることが発覚し、ご機嫌のよう。ERには自殺未遂と疑われる女性が運ばれてくるが、彼女は妊娠しているうえ、英語が話せず……。一方、ネイサンはこれ以上の治療を求めない患者にまで治療を勧め、コーデイはネイサンの行き過ぎた行為に不安を覚える。そんななか、アビーの弟エリックは行方不明になり……。

◆第8話 初雪
アビーは、弟エリックを探すために空軍基地に向かう。現地で母マギーとも再会し、エリックが軍事裁判にかけられそうなことを知る。一方、ERには飲酒運転のトラックに突っ込まれた母子3人の重症患者が運び込まれる。息子の一人は脳死状態となり、もう一人の子を助けるため、コーデイは息子同士の臓器移植を父親に勧めるが……。

◆第9話 独りぼっち
アビーは弟をそううつ病のセラピーに連れて行くことに。一方、ERには交通事故により負傷した父娘が運び込まれてきた。だが治療の過程で女の子と思われていた子が実は男の子であることが発覚する。ところが父親は亡くなってしまい、再婚したという母親を呼び出すことになり……。

◆第10話 ふり返れば
クリスマスの時期、人手不足で大忙しのER。医学生ハーキンスが重傷を負って運び込まれ、コバッチュが頭に軽いけがをしてやって来た。どうやらコバッチュは猛スピードで運転し事故を起こしたようだ。果たしてコバッチュの身に何が起きたのか?

◆第11話 友の助け
コバッチュは白血病の患者を風邪と診断した件で、死亡症例検討会にかけられてしまう。妊娠中のウィーバーは勤務中に出血していることに気がつく。心配になり、自分で検査をするが……。一方、プラットは職場に銃を持ち込み、仕事中に兄に呼び出されて帰ってしまい、カーターの頭を悩ませる。

◆第12話 下町の聖人
プラットは病院の医療廃棄物処理部で兄レオンが働けるように頼み込む。仕事を得たレオンだったが、その夜に銃の不法所持で逮捕されることに。一方、流産のショックを忘れるべく、勤務復帰したウィーバーは政治家の治療を担当。政治家が梅毒にかかっていたことことから、圧力を受けるが……。

◆第13話 裏切り
プラットの兄レオンが強盗をし、警官と銃撃戦を繰り広げ、死亡者がでてしまう。カーターは問題を抱えるプラットにレオンと離れることを勧める。そんなカーターは下町で診療所を開くマクナルティ医師に親身に接するが……。

◆第14話 故意
ERには女子高生ヘレンが同じ高校の子に車で突っ込み、運ばれてくる。ウィルソン病が事故の原因かと思われたが、ルイスはヘレンがいじめっ子たちに仕返しをしたのではないかと疑う。一方ウィーバーは公衆衛生局の医療担当主任に選ばれた。ロマノは腕の回復が遅れ、ウィーバーにポジションを奪われたことにショックを受ける。

◆第15話 いつわりの望み
ガン患者の少年ショーンがERを再訪。末期に近いことが発覚するが、ルイスに恋心を抱いているショーンは、少しでもルイスの近くにいようと、病院で次の治療を受けようとする。一方、弟エリックが行方不明となっているアビーは、エリックは自殺したと考え、生存を信じている母親マギーと言い争いになる。

◆第16話 千羽鶴
夜勤を終えたコバッチュとチェンは向かいの食堂へ軽食を取りに行く。ところが、食堂は強盗に入られていて、血だらけのウエイトレスを発見する……。一方、ルイスはウィーバーから、ガン患者の少年ショーンの母親から距離を置くように要請があったと言われ……。

◆第17話 虚偽
市議会での予算決定権を持っているブライト議員に、恋人の青年を内密に治療するようウィーバーは脅される。だが、治療の過程で青年はアレルギー反応をおこし……。コーデイは路上で暮らし暴行を受けた少女の治療にあたる。少女は母親との間に大きな溝があり、家には帰れないという。そんななか、ウィーバーは診療部長に任命され……。

◆第18話 異常事態
ER部長に就任したロマノだったが、横暴ぶりが激しく批判が集まる。そんななかERに搬送されてきた男性が車で事故を起こし、ふたりの子どもたちを残してきたと証言するが……。ルイスの元には突然夫と称するフライトナースが現れる。ラスベガス旅行した時に意気投合し、ノリで結婚したふたりだったが……。

◆第19話 来る者 去る者
ロマノの腕の傷の回復は思わしくなく、コーデイは最悪の場合は切断しかないと気がつく。アビーは消息を絶っていた弟のエリックから電話を受け、薬を持って駆けつける。コバッチュは同級生だったゴルダナの訪問をうける予定だったが、トラブルで彼らは入国できず……。一方、 カーターは、祖母が亡くなったことを知らされ……。

◆第20話 無理難題
コバッチュは重い心臓病のクロアチアの少年を助けようとし、ウィーバーも評議会を説得することに。ロマノは自宅で誤って腕を火で焦がし、腕の切断を決断せざるを得なくなってしまう。祖母が亡くなり落ち込んでいるカーターは、葬儀をアビーの弟エリックに台無しにされ、悲しみと怒りにうちひしがれる。

◆第21話 夜が昼と出会うとき
今日の夜勤を最後に病院を移るプラットの一日が始まる。切断手術を受けるロマノは、心細くてコーデイに手術のアシストを頼む。カーターは休暇を取る予定だったが、父親の急用で中止になってしまう。そこへ、アフリカに行っているコバッチュから電話が入り……。

◆第22話 悪夢
カーターは、NGOのボランティアとしてアフリカの奥地ザイールに向かう。医療器具も医薬品も何もかも不足している、劣悪な環境のなかで医療活動に専念することに。コバッチュがいるのは、内戦が続き負傷者が続出する危険極まりない地帯だった。そんな状況のなか、反政府の民兵軍が現れてカーターたちを射殺しようとし……。

◆キャスト マーク・グリーン…アンソニー・エドワーズ/ダグラス・ロス…ジョージ・クルーニー/ジョン・カーター…ノア・ワイリー/ピーター・ベントン…エリク・ラ・サル/キャロル・ハサウェイ…ジュリアナ・マルグリース/ケリー・ウィーバー…ローラ・イネス/アンナ・デル・アミコ…マリア・ベロ/エリザベス・コーデイ…アレックス・キングストン

ER緊急救命室 DVD BOX・コレクターズ BOX








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
ER緊急救命室 シーズン9 【海外ドラマ:欧米系】 ドラマ情報/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる