ドラマ情報

アクセスカウンタ

zoom RSS 兄嫁は19歳 【韓国ドラマ】

<<   作成日時 : 2011/03/04 09:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

兄嫁は19歳

■『兄嫁は19歳』
思いを寄せる医師ミンジェから奇妙なアルバイトの提案を受けたユミン。それはなんと彼の婚約者になるという契約結婚のバイトだった…。「ロマンス」「酒の国」などの“殺人的微笑”でおなじみのキム・ジェウォンのほか、ヒロインには「屋根部屋の猫」のチョン・ダビン。人気グループgodのユン・ゲサンなど、豪華キャストで贈るラブコメディ。一人前の社会人になろうと努力する若い世代を描き出し、見る者に勇気を与える元気一杯の作品!

◆第1話
両親を亡くした幼いヘウォンは、母の死の現場にいたチョンオクに置き去りにされる。それから15年が過ぎ、チョンオク(パク・ウォンスク)は事業に成功し…。

◆第2話
弟ガンピョ(ホ・ジョンミン)の治療明細書を見てため息をつくユミン(チョン・ダビン)だが、「カン先生」という言葉を聞いただけで顔を輝かす。これには弟もあきれ顔で…。
◆第3話
ミンジェ(キム・ジェウォン)にはアメリカ留学中の初恋の女性がいた。そのためにユミン(チョン・ダビン)に契約結婚を持ちかけたが、ユミンがまだ19歳なのに驚いて…。

◆第4話
ガンピョはユミン(チョン・ダビン)に制服を渡し、高校復学を勧めた。ユミンは感動して再び勉強することを決心。が、高校で苦手なスジ(キム・ミニ)の姿を見つけ…。

◆第5話
スジ(キム・ミニ)がユミン(チョン・ダビン)に子供の頃のことを尋ねてみると、同い年の子と暮らしていたことを覚えていたため、スジは驚愕する。一方チョンオク(ク・ウォンスク)は…。

◆第6話
チョンオクにミンジェ(キム・ジェウォン) まで殴られてしまい、ユミン(チョン・ダビン)は泣きながら家を出る。スンジェ(ユン・ゲサン)は行く宛のないユミンを、スジ(キム・ミニ)のところへ連れて行き…。

◆第7話
病院でミンジェ(キム・ジェウォン)と再会したユミン(チョン・ダビン)は、スンジェとスジの前に現れる。5年ぶりに会うユミンだが、兄の横で嬉しそうにしているのを見て複雑な思いに。そんなユミンの「契約結婚が終わったのに、なぜよくしてくれるの?」という問いかけに対し、ミンジェは「まだ契約は終わってない」と微笑むのだった・・・。

◆第8話
ユミン(チョン・ダビン)はスンジェ(ユン・ゲサン)のおかげで、楽しい一日を過ごす。スンジェは友達以上ではないが、スンジェはユミンといると心が落ち着くのだった…。

◆第9話
スンジェ(ユン・ゲサン)は、契約が終わったのになぜユミン(チョン・ダビン)を離さないのかとミンジェ(キム・ジェウォン)に詰め寄る。するとミンジェは契約ではなく本当に好きだと答え…。

◆第10話
スンジェ(ユン・ゲサン)の初恋の人はユミン(チョン・ダビン)だとスジ(キム・ミニ)から聞かされ、ミンジェ(キム・ジェウォン)は衝撃を隠せない。ミンジェがユミンを送っていくとスジとスンジェに出くわし…。

◆第11話
ミンジェ(キム・ジェウォン)は映画館に来ず、スンジェ(ユン・ゲサン) とやっていけないと、ユミン(チョン・ダビン)は兄弟を責める。ミンジェは自分が受けた傷をスンジェに経験させたくなく…。

◆第12話
ミンジェ(キム・ジェウォン)の前にソヨンが現れ、婚約は解消したのでやり直そうと告げる。ミンジェは婚約している女性がいるからと、彼女の言葉を断り…。

◆第13話
ミンジェ(キム・ジェウォン)はスジを訪ね、母親のチョンオク(パク・ウォンスク)が過去に関係した事実について問いただす。スジは自分が話せば危険なことになるから、直接チョンオクに聞きなさいと言った。スンジェ(ユン・ゲサン)へのユミン(チョン・ダビン)の気持ちは高まるが、なぜ自分の視線を避けるのかと苛立つ。

◆第14話
ユミン(チョン・ダビン)は、スンジェ(ユン・ゲサン)が自分のために留学するのではないかと心を痛めていた。がスンジェからミンジェ(キム・ジェウォン)をつかまえろと頼まれる。ジュンソクは、スジ(キム・ミニ)とキャンファからヘウォンに関する真実を聞き、怒りを押さえつつヘウォンの行方を秘書に調査させる。ジュンソクに嘘がばれてしまったスジは、酒に酔ったままスンジェを訪ね、いっしょに留学しようとスンジェに抱きつく。ミンジェはスンジェに留学するなら、すぐに行けと忠告されていた。

◆第15話
チョンオク(パク・ウォンスク)の病室にやってきたスンジェ(ユン・ゲサン)は、4歳の子供をなぜ捨てたのかと涙ながらに母を責めたてた。泣きながら病室を飛び出してきたスンジェを、ユミン(チョン・ダビン)は反射的に抱きしめる。そしてユミンは父親はチョン・ジュンソク社長だといきなり聞かされ、ただぼんやりとスンジェの顔を眺めていた。事実を知ったジュンソクはユミンの家に駆けつけ、娘と向き合って昔の日々を語り合う。そして娘をチョンオクの前に連れて行き、謝罪を求める。

◆第16話(最終話)
ユミン(チョン・ダビン)はスンジェ(ユン・ゲサン)の会社に行かせてくれと頼むが、ジュンソクはチョンオク(パク・ウォンスク)のしたことは許せないと娘の言葉を遮る。しかしスンジェの会社は危機に瀕していると知ると手形が不渡りを阻む一方で、お礼にやってきたスンジェには、ユミンの前に現れないでくれと告げ…。

◆キャスト:カン・ミンジェ(キム・ジェウォン)/ハン・ユミン(チョン・ダビン)/カン・スンジェ(ユン・ゲサン)/チェ・スジ(キム・ミニ)/イム・チョンオク(パク・ウォンスク)/ハン・ガンピョ(ホ・ジョンミン)

>>>兄嫁は19歳 DVD・DVD BOX




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
兄嫁は19歳 【韓国ドラマ】 ドラマ情報/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる