ドラマ情報

アクセスカウンタ

zoom RSS オンエアー 【韓国ドラマ】

<<   作成日時 : 2011/02/04 10:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

オンエアー

■『オンエアー』
パク・ヨンハが5年ぶりにドラマ復帰を果たした超話題作! 放送局のリアルな内幕に迫る!!
年末の放送局の演技大賞のセレモニー。受賞内容に不満を抱いた女優が、会場から逃亡! プロデューサーは慌てて追いかけ、マスコミは大騒ぎ。新作ドラマの企画が動くと、今度は脚本家が海外に逃亡! 5年ぶりのドラマ出演のパク・ヨンハ、キム・ハヌル、イ・ボムスがドラマ作りの内側をリアルに演じる!

◆第1話
SBC演技大賞の授賞式。受賞候補のオ・スンアは、式を目前に共同受賞だと知り帰ろうとする。PDのイ・ギョンミンは彼女と口論し…。

◆第2話
ヨンウンとスンアは互いに譲らず言い争った。スンアが自分の方が学歴がいいとひけらかすと、ヨンウンはプライドを傷つけられ……。

◆第3話
カン局長はギョンミンに辞職を命じたが、ギョンミンは「チケット・トゥ・ザ・ムーン」の著作権を獲得しドラマ化すると宣言し……。

◆第4話
ギョンミンはヨンウンの作品を批判し、企画自体をひっくり返してやろうと言った。そうして彼女のやる気を引きだそうとするが……。

◆第5話
新しい企画を見て、カン局長は裏番組の「海女のシムチョン」に勝てないと怒った。ギジュンはスンアをどちらに出演させるか悩み……。

◆第6話
カン局長は「チケット・トゥ・ザ・ムーン」を編成に入れないと宣言。ヨンウンは局長にこの企画をなんとか入れるよう直談判するが……。

◆第7話
スンアが知らないうちに、ドラマと同時期に撮影される映画の出演契約が結ばれていた。すべてがサンウの企みだと知ったスンアは……。

◆第8話
ドラマの海外ロケ地は台湾に選ばれた。同時にスンアは台湾の広報大使に任命され、ドラマのロケとスンアの広報活動の日程が重なり…。

◆第9話
チュ・ヨヌが『海女のシムチョン』に出演すると知ったスンアは、自分のせいでライバル会社に移籍したのだと思い、彼の元へ向かう…。

◆第10話
スンアに英語を教えていたエイドンは、混血俳優の限界を感じてアメリカに帰ろうと決心。最後にギジュンのオフィスにやって来るが……。

◆第11話
ギジュンはスンアに、エイドンが主人公に決まったことを知らせた。どうやってエイドンを相手役に指名したのかとスンアは怒り……。

◆第12話
オクシムはヨンウンに、もっとジュニに関心を持つように言った。そして食卓に置かれた台本を見て、息子ギョンミンの名に驚き…。

◆第13話
スンアとチェリーは同じ服を着て現場にやってくる。ギョンミンはスンアに着替えろと言うが、スンアはなぜ自分なのか納得いかず…。

◆第14話
ギジュンはギョンミンに、俳優だけ苦労させるような撮影には応じられないと抗議する。そしてスンアを連れて出て行こうとするが…。

◆第15話
カン局長はギョンミンを呼び、1、2回目の放送を拡大するとし、追加製作を命令する。脚本に手を入れざるを得ないと聞いたヨンウンは…。

◆第16話
初めて視聴率が出る日、ヨンウンは早朝からダジョンに視聴率を調べてくれと大騒ぎをする。その頃、ギョンミンも初回視聴率を見て…。

◆第17話
『チケット・トゥ・ザ・ムーン』3話目の視聴率が下降し、裏番組の『海女のシムチョン』が上がる。ヨンウンとスンアは機嫌が悪く…。

◆第18話
SBCからのSW引き上げの件は大げさに報道された。ギジュンはハクソンが見たというビデオが気になるが、とてもスンアに確認できず…。

◆第19話
スンアのビデオの事件が公になる。マスコミが押し寄せ、野外ロケができない状況になった。スンアは現場では明るく振る舞うが…。

◆第20話
ヨンウンは最終回のエンディングと前のシーンが合わないから、撮り直したいと主張した。ギョンミンはヨンウンに理由を尋ねるが…。

◆第21話
スンアはパーティ会場でギジュンを待つが、彼が海外に行くと聞きつけ空港に急いだ。ギジュンはサンウにスンアを託していた…。

>>オンエアー DVD BOX



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
オンエアー 【韓国ドラマ】 ドラマ情報/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる