ドラマ情報

アクセスカウンタ

zoom RSS チェオクの剣 [タモ][茶母] 【韓国ドラマ】

<<   作成日時 : 2010/10/05 05:32   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

チェオクの剣 [タモ][茶母]

■『チェオクの剣 [タモ][茶母]』
舞台は1692年の朝鮮王朝時代、都の漢城(ハンソン)。
捕盗庁(ポドチョン:当時の警察)は管轄別に左捕盗庁と右捕盗庁に分かれていた。左捕盗庁で茶母(タモ)として働きながら、その聡明さと優れた武術を生かし、犯罪捜査の第一線で活躍する一人の女性チェオク。上司であるファンボ・ユン従事官(チョンサグァン)とは、兄妹同然に育った仲だった。
幼い頃、チェオクの父チャン・イルスンは謀反の罪にとわれ、兄と逃げたがその後離ればなれに。身分を官婢に落とされたチェオクは、ユンの家で仕えることになったのだった。身分の差ゆえ、ユンへの想いを胸の奥に秘めるチェオク。そんなある日、世の中を変えようと改革を目指す自由奔放な男ソンベクに出会い、チェオクの運命はまたも嵐のごとく吹き荒れる

◆第1話 偽金事件発生
1692年 朝鮮の都・漢城(ハンソン)の左捕盗庁(チュアポドチョン=当時の警察)。そこで茶母(タモ)として仕えながら、チェオクは殺人事件の捜査を行っていた。その頃 都では偽金が出回っており、ファンボ・ユンの指揮のもと、捜査のためチェオクたちは身分を隠し各地方へと出かけるのだが…。

◆第2話 生い立ち
松坡(ソンパ)で、証拠の偽金が入った包みをひったくられたチェオク。そこで渡船場で会った男と再会する。故買人から得た情報により、棺輿(ひつぎごし)の担ぎ手をするゴロツキの家で間借りをしているマ・チュクジという男の名前が浮上する。無謀にもそこへ単身乗り込んだチェオクだったが…。

◆第3話 密偵の死
チェオクは弘文館の副提学をしていたチャン・イルスンの娘チェヒとして生まれたが、父は逆賊として告発されて自害した。兄のジェムと逃走するが、途中で兄とはぐれてしまう。チェヒは7歳だったその日から、使用人となってユンの家に引き取られ、ユンもまた地方長官を務めるチョルの妾の子として、両班の子供達から差別される辛い子供時代を送っていたのだった。

◆第4話 脱獄
ガクチュルを偽金事件の容疑者として捕らえたものの、いっこうに証拠も見つけられず自白もとれない。そこでファンボはある策を講じることに。一方、朝廷の権力者チョン・ピルジュンがチョ・セウク大将を訪れ、自分の息子とチョ大将の娘ナンヒとの縁談を持ちかける。一方、ソンベクはガクチュルを救出しようと…。

◆第5話 潜入
ガクチュルの脱獄に手を貸したチェオク。口がきけない男に扮したチェオクはチュクジと共にその一団への潜入捜査を試みるのだが、ガクチュルとは違い一団の頭領ソンベクは2人を簡単に仲間として受け入れようとはしない。一方、左捕盗庁のチョ大将は朝廷に呼び出され脱獄を許した責任を問われ…。

◆第6話 父の面影
罷免されたファンボにかわり、右捕盗庁の従事官でチョ大将の息子チョ・チオが後任に就くことに。そしてファンボは訓練都監(=都の警備と軍事訓練を担う軍営)の大将チョン・ホンドゥに呼び出される。チェオクはソンベクに連れられある村へと赴き、そこでソンベクがある男から受け取った紙を見て驚愕する。

◆第7話 黒幕逮捕
チェオクが負傷したと聞き、いてもたってもいられないファンボ。チェオクは山塞での生活にも慣れ一団と平穏なひと時を過ごしていたが、ファンボの罷免を耳にし、都へ戻ることを決意。そしてその途中でソンベクが男に手紙を渡しているのを目撃し、チェオクはその男を追いかけその密書を奪うのだが…。

◆第8話 討伐隊敗退
討伐に出かけようとしたさなか、チョ大将とファンボは王に呼び出され、身柄を拘束されてしまう。そのため、チョ大将の息子で、右捕盗庁の従事官、チオが討伐隊長として志願。チェオクは山塞への道のりを案内することに。様子を見ることを口実に、チェオクは先に山塞へ向かいソンベクに会うのだが…。

◆第9話 免罪
王に謁見するため、命がけで宮殿へと忍び込んだチェオク。それを知ったファンボは、深い傷を負い意識のないチェオクをある人のもとへと連れて行くのだった…。一方、部将のイ・ウォンヘの偵察により偽金を作っている癩(らい)病患者の村を発見。そして、とうとう黒幕である“あの方”が現れる…。

◆第10話 忘れえぬ人
娘のナンヒの気持ちを知ったチョ大将は、ファンボにナンヒとの結婚を約束させ、チェオクをビョンテクのいる官庁、武備司(ムビサ)へと移すよう命じる。その頃チェオクは、両親の位牌がまつられている寺へと向かう。そして、時を同じくしてソンベクもまた、その寺を訪ねるのだが…。

◆第11話 追跡
ソンベクの妹を語り、チュクジと共に盗賊を装ったチェオクは、ソンベクの一団をおびきだすことに成功する。そして、そこへファンボ率いる左捕盗庁も到着し、とうとう戦いが始まる。チェオクはソンベクを追い、剣を交えるのだが、途中で二人とも深い穴へと転落してしまい…。

◆第12話 許されぬ愛
海州(ヘジュ)から来たヤン判官の軍の早すぎる到着に、不審に思うペク部将。イ部将は事実を調査するため急ぎ海州へと向かう。また、ファンボも同様にヤン判官に対して疑いの念を抱いていた。洞窟の中では、ソンベクがチェオクに対する自分の素直な気持ちを述べるのだった…。

◆第13話 縁切り
一命をとりとめたソンベクだったが、将帥の資格はないと仲間のもとを去ろうとする。一方、チョ大将は敵の誘いに乗り、黒幕の正体をつかもうとする。ダルピョンは、ソンベクの揺れる気持ちを確かめるため、拉致してきたチュクジの妻をチェオクだと偽り、ソンベクに斬るよう命じるのだが…。

◆第14話 チェオクの最期
黒幕の正体を知ったファンボとチェオクたちは、謀反を防ぐために宮殿へと向かう。そして、チェオクの兄が誰かとわかったファンボは、チェオクを人質にされダルピョンに呼び出される。そして、その場所に仲間たちを裏切ったダルピョンを追いかけてきたソンベクも現れるのだが…。

◆監督/演出:イ・ジェギュ
◆脚本:チョン・ヒョンス
◆出演:チェオク役 (ハ・ジウォン )、ファンボ・ユン役 (イ・ソジン)、チャン・ソンベク役 (キム・ミンジュン)

>>チェオクの剣 [タモ][茶母] DVD BOX



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
チェオクの剣 [タモ][茶母] 【韓国ドラマ】 ドラマ情報/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる