ドラマ情報

アクセスカウンタ

zoom RSS めっちゃ大好き 【韓国ドラマ】

<<   作成日時 : 2010/06/04 10:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

めっちゃ大好き

■『めっちゃ大好き』
山奥から上京した純朴なボンスンが大統領の料理人を目指す心温まるストーリー。
ボンスンは江原道の村に住む純朴で明るい女の子。ある日、山でケガをした研修医ジュンウォンの看病をし、彼を迎えに来た警護員のボンギとも出会う。その後 祖母が亡くなり、ボンスンは両親を捜しにソウルへ上京する。昔 撮った父の写真が大統領に似ていたことから、大統領に会ってみたいと思ったボンスンはボンギの家で生活しながら大統領官邸の食堂で働くことになる。慣れない都会生活でいつも優しくしてくれるジュンウォンに淡い恋心を抱きながら、いつもそばで見守ってくれるケンカ友達ボンギにも心惹かれていくボンスン。果たして3人の恋の行方は…?そして、大統領の料理人を目指して奮闘するボンスンは大統領との関係を知ることができるのか?

◆第1話 都会からのお客さん
研修医のジュンウォンは患者の死に大きなショックを受け、夜間山行をしていた。ところが途中で足を滑らせ、意識を失ってしまう。次の日、その山奥で祖母と2人暮らしのボンスンは山中で倒れているジュンウォンを発見する。ケガをしているジュンウォンをボンスンは家に連れて帰り、必死に看病をする。やがて意識を取り戻したジュンウォンは命の恩人、ボンスンに感謝し親しくなる。その頃、青瓦台(大統領官邸)ではジュンウォン行方不明の知らせを受け、大騒ぎになって…。

◆第2話 3人が出会った日
ある日、警護員のボンギは彼女と海外旅行に行こうとしていたが、上司のサンジクに命令されジュンウォンを迎えにいく羽目に…。ようやく着いた駅でボンギはボンスンにお気に入りの靴を汚されケンカをしてしまう。都会の生活しか知らないボンギは一日中不満ばかり。その上、ジュンウォンが大統領の息子だという事実も知らないので横柄な態度ばかりとってしまう。ボンスンは文句ばかりのボンギを懲らしめようと警護員証を隠してしまう。翌朝、ボンスンが祖母を起こそうとすると意識がなく…。

◆第3話 ばっちゃんの言葉
ボンスン達は倒れた祖母をジュンウォンの研修する大きな病院に運んだが、祖母は意識を取り戻さない。祖母が病気だったことを知らなかったボンスンは、日頃孝行していなかったことを後悔する。一時的に意識を取り戻した祖母はボンスンに最後の言葉を残して逝ってしまうのだった…。ボンスンは放心状態のまま江原道に帰ろうとするが、1人で山奥に住むという彼女を心配しジュンウォンは上京しろと名刺を渡す。一方、ボンギは仕事に行く準備をしている途中で警護員証がないことに気付き…。

◆第4話 新しい出発
警護員証をなくしてしまったボンギは上司に大目玉を食らい、恥ずかしい思いをする。次の日ボンギは父、デシクと共に母親の命日の法要の準備をする。一方、ボンスンは両親を捜すためソウルへ上京することを決意する。ジュンウォンの名刺を頼りにジュンウォンの病院にたどり着くも手術中で会うことができなかった。仕方がなくボンスンは1人でソウル見学に出かけるが、運悪くスリに遭ってしまう。一文無しになったボンスンは悲しみに暮れ祖母の納骨堂に向かうのだが・・・。

◆第5話 嬉しい再会
納骨堂で偶然出会ったおじさんは、ボンギの父だった。久しぶりに再会したボンスンとボンギは相変わらずケンカばかりでぶつかるが、泊まる場所がないボンスンは何とかせがんでナム家に泊まらせてもらうことに。一方、ジュンウォンはボンスンから連絡がなく心配をしていた。次の日、病院で嬉しい再会を果たしたジュンウォンとボンスンは2人でこれまでのことを話し合う。そのあと、ボンスンの世話を頼むためジュンウォンはボンギを呼び出し3人で食事をすることになった。

◆第6話 都会での危機
ボンギはボンスンが持ってきた100年モノのツルジンジンを何も知らずに料理してしまった。そのツルニンジンを売ってソウルでの生活費にしようと思っていたボンスンは途方に暮れてしまう。ツルニンジンの代金をすぐ払えないと思ったデシクはボンスンをしばらく家に置こうと提案する。この日からボンスンとボンギは1つ屋根の下に住むことになった。ある日、ボンスンは父の写真を持ち、大統領官邸を探すことに。しかし、警備が厳重で鑑定に入ることはできないのだった。帰り道ボンスンが1人で歩いていると・・・。

◆第7話 両親捜しの第一歩
ジュンウォンに会えて、落ちついたボンスンは彼の優しさに胸が高鳴るのだった。家に帰ったボンスンはボンギから観覧申し込みをすれば大統領官邸内に入ることができるという話を聞き、翌日官邸に向かう。そこで官邸の大工であるデシクに会い、官邸内に入ったボンスンはデシクに父と撮った写真を見せ、事情を説明する。その後、デシクが仕事で呼ばれボンスンは憧れの大統領官邸を1人で散歩するのだが…。

◆第8話 幸せなひととき
訪問証をなくしてしまったボンスンは、ボンギに助けてもらい危機を免れた。家に帰ったボンスンはジュンウォンのためにお弁当をこしらえて彼の病院を訪ねる。その頃、ジュンウォンは認知症の妻の診察に付き添っていた。妻を見送った直後、遊びに来たボンスンに会うがしばらくして仕事で呼び出される。ボンスンはジュンウォンのロッカーに溜まった洗濯物を見つけ、洗濯をしながら幸せに浸る。仕事が終わったジュンウォンはボンスンを家まで送るが・・・。

◆第9話 まごころの味
ボンスンはデシクのはからいで大統領官邸内のムクゲ食堂の料理コンテストに出ることになった。ボンスンは近くの山で採った新鮮な材料でコンテストに臨んだ。一方ジュンウォンは、ジスと共に官邸を訪れた。ところが中に入ると警護員のボンギが…。慌てたジュンウォンはジスを置いて隠れる。ボンギはジスと2人になり、彼女が病気であることを知る。その頃、料理コンテストが終わり・・・。

◆第10話 子の心 親知らず
ジュンウォンは母からジスとの離婚を薦められ、やりきれない気持ちになった。一方、ボンギやジンギョンたちとお酒を飲みに行ったボンスンは祖母を思い出して泣くのだった。その帰り、ボンスンはジュンウォンと2人で会うことに。2人はつらいことを忘れ楽しく過ごす。ボンスンはジュンウォンの温かさに想いを深めていくのだった・・・。次の日、ムクゲ食堂に初出勤したボンスンは本館に呼ばれ・・・。

◆第11話 影になれ
ボンスンは大統領に近づき事情聴取を受けるところだったが、ボンギのおかげでなんとか免れた。ボンギは家族班に移り、大統領の家族の警護をすることになった。大統領の孫娘、ヒョウォンを迎えて官邸に戻るとそこにいたのはジュンウォンだった・・・。ボンギはジュンウォンが大統領の息子で、子持ちだということを知り、ボンスンに恋愛感情を抱くなと忠告するのだが・・・。

◆第12話 甘い夢
ボンスンは大統領に故郷の料理を食べてもらいたいとボンギに料理を届けるよう頼む。ボンギは持っていくのを嫌がったが大統領は懐かしい味だと絶賛する。帰り道ボンギとボンスンが歩いているとジュンウォンが通りかかり3人で帰ることに。その夜ボンスンは幸せな夢を見るのだった・・・。翌日ボンスンはボンギの言葉を思い出し、おしゃれをしてジュンウォンに会いに行ったのだが・・・。

◆第13話
ジュンウォンが既婚者で子どもまでいるという事実を知ったボンスンは今までの想いがむなしく思えた。そんな放心状態のボンスンを見てボンギもやるせなくなるのだった。ある日ボンスンは大統領のリクエストに応えもう一度 故郷料理を作ることに。ボンスンが直接サービングすることになったが、官邸にはジュンウォンが来ていて・・・。

◆第14話 ガラスの向こうの現実
ボンギは最終バスに乗るボンスンを見つけ、追いかける。元気のないボンスンを見ていられないボンギは何とか励まそうとする。一方、ジュンウォンはボンスンから連絡がなく心配していた。次の日、ジュンウォンに会いに行ったボンスンは病院で偶然ボンギとヒョウォンに会う。ヒョウォンの視線の先にはジュンウォンとジスの姿があり・・・。

◆第15話 2つのプレゼント
ジスの病気を知ったボンスンは今までのジュンウォンの心労を思い、彼を手伝いとボンギに相談するが、口出しするなと警告される。しかし、ボンスンはジュンウォンの家で勉強を続けた。それを知ったボンギは腹を立てボンスンを家から追い出そうとするのだった。そしてボンスンの誕生日、ボンギはジンギョンとデートに出かけるが頭の中ではボンスンへのプレゼントのことばかり考えていた。ボンギが家に向かうと・・・。

◆第16話 心の奥の気持ち
デシクとイ部長が話しているのを聞いてしまったボンギはボンスンが大統領令嬢であることを知る。ボンスンはジュンウォンに携帯をもらい、喜んでいた。しかし、すべての事情を知ったボンギはボンスンから携帯電話を取り上げ、ジュンウォンに携帯を返しに行く。ボンギはジュンウォンにボンスンとの関係について問いただす。その頃、ボンスンはジスの世話をしようとジュンウォンの家に行ったのだが・・・。

◆第17話 もうひとつの秘密
ジュンウォンは患者の死を前に再び落ち込む。そんな時、彼が連絡をしたのはボンスンだった。2人はレストランでスパゲティを食べることに。ボンスンは元気のないジュンウォンに笑うようにと励ます。ある日、大統領の古い友人のために料理を作ったボンスンが、食堂に向かうと・・・。

◆第18話 夢に見た瞬間
ジュンウォンが大統領の息子だと知ったボンスン。今まで正体を秘密にしていたジュンウォンに腹が立ち、また兄妹なのかもしれないという不安でつぶされそうになる。ジュンウォンもボンスンが自分と距離を置くのではないかと心配する。ある日、ボンギは事をはっきりさせようとボンスンの幼い頃の写真を持ち出すのだが・・・。

◆第19話 自分の正体
大統領の胸に抱かれ幸せの絶頂だったボンスンだが、事実を明かされ驚きを隠せなかった。そんな複雑な思いのボンスンを見てボンギは励まそうとするが、そこにはジュンウォンと一緒に笑うボンスンがいた。ジュンウォンへの気持ちを断ち切れないボンスンを見ていられず、ボンギは自分の友達を紹介するのだが・・・。

◆第20話 探し求めてきたもの
ボンギはジュンウォンを訪ね、互いにボンスンに対する気持ちをほのめかす。そんな時、突然ジスがいなくなったとの連絡が・・・。保護されたジスを見てジュンウォンは自分の気持ちを恥じる。ボンスンもジュンウォンの家を訪ねるのだが彼の態度はいつもと違った・・・。そんなある日、母親の所在がわかったとの連絡があり、ボンスンは家を訪ねるのだが・・・。

◆第21話 葛藤する心の行方
実の母親と再会したボンスンは大統領官邸へ・・・。ボンスンの複雑な気持ちを思いボンギは励まそうとする。一方、病院にはアメリカからジスの母親が来ていた。離婚させたいというジスの母を前にジュンウォンは困ってしまう。その夜ジュンウォンはボンスンとの思い出を振り返り、ひとり考え込む。心労で倒れそうな状態だったが病院の前でボンスンの姿を見て・・・。

◆第22話 最後の記念日
気持ちを抑えきれずキスしてしまったジュンウォンとボンスン。その頃ボンギは複雑な思いでボンスンの帰りを待っていた。ジュンウォンはすべてに答えを出すと約束し、ボンスンを送るが家の前で倒れてしまう。ジュンウォンのことと母親のことで苦しんでいるボンスンを見て、ボンギはいつものように食事に誘うのだが・・・。

◆第23話 つらい理由
ボンスンは本館の調理師として勤務することになり、ボンギも異動してジュンウォンの警護をすることになった。一方、ナム家には借金取りに追われるボンスンの母とその娘も居候することに。ある日、ジュンウォンが離婚の危機であることを知ったボンスンは彼に会うため病院へ向かう。病院で警護をしていたボンギは偶然落ち込んだボンスンの姿を見て彼女にあるプレゼントをするのだった。

◆第24話 越えるべき壁
泣き崩れるジュンウォンを前に奇跡的にジスの記憶が戻った。次の日、ボンスンとヒョウォンが料理を作って話していると、そこへジスが現れる。その頃病院では、ジュンウォンの患者が死に追いやられ、遺族がジュンウォンに怒りをぶつけて劇薬をかけようとする…。ある日ジスの回復を祝って官邸で食事会が行われることになり、ボンスンも呼ばれるのだが・・・。

◆第25話 転んだら 立ち上がればいい
ボンスンはジュンウォンから逃げないよう食事会に参加したが、結局は追い出されてしまった。ボンスンは気持ちを整理するためとジュンウォンと話す。一方ナム家にはスギョンがやって来て一緒に住むことに。ある日、ボンスンが帰宅すると家は暴力団に荒らされた後だった。そんな時でもボンギは明るく振る舞い、元気のないボンスンを連れ出すのだが・・・。

◆第26話 とびきりのアイディア
ジュンウォンは家族で遊園地へ出かける。しかしそこで偶然にも楽しそうなボンスンとボンギを見てしまう。ボンスンの明るい姿に見とれて、振り返るとジスが見当たらない。ボンギとボンスンも一緒になってジスを捜す。ボンスンはジュンウォンのつてで午さん会のワインを入手しようとするのだが、またも邪魔が入り・・・。その夜、ボンギの言葉をヒントにボンスンはあるアイディアを思いつくのだった・・・。

◆第27話 恋の傷を癒やす方法
ボンスンが考えたメニューが首相に気に入ってもらえ、午さん会は大成功に終わった。ボンスンはその結果をジュンウォンではなく、ボンギに報告する。その夜、ジュンウォンは思い出の場所でボンスンを想い、またボンスンも同じ場所に向かっていた…。一方ボンギはボンスンの成功を祝おうと家で待っていた。ある日、ボンスンはボンギがジンギョンに振られたことを知り、友達を紹介するのだが・・・。

◆第28話 幸せのための決意
ボンスンは家の前でボンギの意味深な言葉を聞いてしまう。次の日、ボンスンは奥様に頼まれ、ジスの症状に効く料理を作りに家まで行く。その帰り、ボンスンはジュンウォンを連れてある場所へ。そして2人は互いの想いを整理する。一方ボンギはボンスンに独り言を聞かれたと思い、言い訳をし、呪文のような言葉を言うのだが・・・。

◆第29話 断ち切れない想い
ナム家は大統領から午さん会に招待されるが、ボンスンの母が失礼なことばかり言いボンスンはひやひやする。その後、大統領夫人からお金をもらったボンスンの母はそのお金でナム家と家族にプレゼントを買う。その夜、ボンスンはジュンウォンの前で恥をかいたと母を責めるが、その態度に対してボンギに怒られてしまう。一方、ジスはヒョウォンのために料理をしようとするのだが・・・。

◆第30話 胸の痛む別れ
ヒョウォンは病院に運ばれ、ジスは自分を責めて取り乱していた。ジュンウォンはヒョウォンを連れて官邸に向かったが、そこで母に呼ばれボンスンとの関係を問いただされる。ジュンウォンはボンギにボンスンを守ってほしいと伝える。ある日、ジスがヒョウォンにビデオレターを送ろうとする。ジュンウォンはジスの決心に驚く。そしてヒョウォンの手術の日・・・。

◆第31話 久しぶりの誕生日
ボンスンの母は奥様からもらった資金で引っ越しを考える。しかしボンスンはそんな母が情けなく腹が立って言い合ってしまう。一方、ジュンウォンはジスが帰国したことをヒョウォンに責められ、やるせない気持ちでいっぱいだ。ある日、ボンスンはボンギの誕生日を知り、どこかに出かけようと言う。ところがボンスンが待ち合わせ場所に向かう途中ヒョウォンから連絡が入り・・・。

◆第32話 愛するものを守る使命
ボンギはついにボンスンに想いを打ち明けるが、男として意識したことがないと言われてしまう。一方官邸食堂ではボンスンが日本からの来賓のために食材の準備をしていたが、またもミンアに邪魔され食材が使えなくなってしまう。それを聞いたボンギはボンスンを助けようとある場所へ向かうのだが、そこにいたのは…。その夜、家に帰ったボンギはボンスンの母からある話を聞いて・・・。

◆第33話 切なる祈り
ボンギは重体でジュンウォンの病院に運ばれ、緊急手術をすることに。ボンスンはボンギが自分とジュンウォンの記事のせいでケガをしたと聞き、罪悪感に苛まれる。デシクもすっかり落ち込んでしまう。ボンスンは看病しながらボンギとの思い出を思い返し、彼が目を開けることを祈る。何日か後、ボンスンの看病の甲斐あって、ボンギは目を覚ますのだが・・・。

◆第34話 アプティボゴカ!」
退院したボンギは、入院中に偶然聞いてしまったボンスンの言葉を気にして、そっけない態度をとっていた。ある時ボンスンは中庭に落ちていた紙くずを見つけ、ボンギの謎の言葉の意味を知る。次の日、ふさぎこんでいたボンギの元にジュンウォンが。2人はその夜飲みに行き泥酔する。ボンスンはボンギに素直な気持ちを話そうとするがなかなか言えない。そんなある日、ボンギの処分が発表され・・・。

◆監督/演出:キム・ジンマン
◆脚本:ペ・ユミ
◆出演:ユジン、イ・ミンギ、リュ・ジン

>>めっちゃ大好き DVD BOX



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
めっちゃ大好き 【韓国ドラマ】 ドラマ情報/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる