ドラマ情報

アクセスカウンタ

zoom RSS うさぎたちのもちつき 【国内ドラマ】

<<   作成日時 : 2010/04/09 18:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

うさぎたちのもちつき

■『うさぎたちのもちつき』
ネット配信、BS-i放送で注目を浴びたまったり系ドラマ“うさもち”シリーズ。「うさぎのもちつき1、2」、「うさぎがもちつき」の独特の世界観はそのままに、お馴染み大谷允保演じる間島と高田宏太郎演じる澤田の名(?)コンビがパワーアップして帰ってきました。大友康平、上原さくら、杉浦太陽、南明奈など豪華キャスト陣が加わり、さらなるドタバタが巻き起こる!

◆第1話 “社長屋”登場!
間島(大谷充保)やスマイルエージェンシー(SA)社員たちを残し、アフリカに行ってしまった社長・宮崎。間島やSA社員、パートタイマーの上原(上原さくら)たちは、相変わらずのまったりムードでバレンタインに向け新企画を進めることに。そんな中、大株主・佐久間竹千代(小沢一敬)は経営不振のSAを潰そうと動き出していた。父親でもあるロックウェル会長の佐久間重千代(長沢純)は、それを防ごうと“社長屋”(大友康平)を雇うのだが…。

◆第2話 パートタイマーの過去?
まったりムードの企画運営課に新社長・沢田(大友康平)が告げた一言。「仕事のできない者はいらない」。一気に緊張の走る社員たち…。そんな沢田だったが、パートタイマーの上原(上原さくら)を見て、思わず驚きの表情を浮かべる。やがてふたりの間に潜む過去から、上原の知られざるキャリアまでもが明らかに…。一方、沢田の方針に納得のいかない上原。そのハナを明かすべく、間島(大谷允保)と澤田(高田宏太郎)を巻き込み、動き始める!?

◆第3話 バレンタインにプレゼントを?
バレンタイン企画のプレゼンを控えたある日。上原(上原さくら)から徹夜の特訓を受ける間島(大谷允保)と澤田(高田宏太郎)をこっそりと見守る沢田(大友康平)。ひそかに気にしているようだが、やはり冷たい態度は崩せないでいた…。そしてプレゼン当日、突然のハプニングに動揺し、間島と上原はピンチに陥ってしまう。冷徹“社長屋”は救いの手を伸べるのか? 果たして、プレゼンは成功するのか?

◆第4話 エンゲージリング・アゲイン
契約通り、社長就任後1ヶ月で売上一億を実現した“社長屋”沢田(大友康平)。そこに依頼主である佐久間竹千代(小沢一敬)が現れる。沢田を取り込もうと企む怪しい動きが社内に知れ渡り、動揺するスマイルエージェンシーの面々。大金を目の前にした気になる沢田の反応は…。そんな中、一人落ち着きを見せる上原(上原さくら)の確固たる思いとは!? どうなる、スマイルエージェンシー!

◆第5話
間島が社長!? …そんなわけもなく、本当の新社長がスマイルエージェンシーに姿を現す。それを見て、驚く間島。なぜなら、その人物は間島のよく知る“あの人”だったのだ…! 一方、投資家の間で流れる『ロックウェル買収』の噂。それを察知していた凄腕女子高生デイトレーダー“咲”(南明奈)が、偶然間島たちと遭遇する…。

◆第6話
「私の夢は演歌歌手! 」とんだ勘違いからスマイルエージェンシーを演歌事務所と思い込んだ咲(南明奈)は、新企画「京都うまいものフェスティバル」を手伝うこととなる。間島(大谷允保)と澤田(高田宏太郎)を中心に順調に進められていくフェスティバルの準備。その裏では、ロックウェル買収の糸を引く怪しい影が…。

◆第7話 スマイルエージェンシー最大の危機!
佐久間重千代(長沢純)が倒れたドサクサにまぎれて、彼が持つ大量のロックウェル株を手中に収めた息子・佐久間竹千代(小沢一敬)。ついにロックウェルの買収に乗り出した竹千代は株価を上げないために「京都うまいものフェスティバル」をも妨害する。追い詰められるスマイルエージェンシー。それを見た咲(南明奈)がついに動き出す…

◆第8話 ウェルカムバック! ミラクルラビット
間島(大谷允保)たちスマイルエージェンシー・企画運営課は、親会社・ロックウェルの買収を阻止するため、必死の抵抗を試みるも、竹千代(小沢一敬)の買収は止まらないでいた…。何も出来ない自分の無力さを痛感し、途方に暮れた咲(南明奈)は、失意のまま松井(秋本奈緒美)のもとを訪れる。そして遂に、咲の“最後の秘密”が明らかになる…!

◆第9話 家族の絆?
スマイルエージェンシーに次に飛び込んできたのは、なんと“澤田ファミリー”! 実家を継いだもののあがり症がたまにキズな兄・太郎の願いで、間島(大谷允保)と澤田(高田宏太郎)の二人はパチスロ新機種開発企画に巻き込まれることに。

◆第10話 アイドル・ザ・ゴーゴー
兄の為、会社の為と燃える澤田(高田宏太郎)は、企画成功の糸口としてタレントの起用を発案し、今までにないような活躍を見せる。しかし、ライバル社はさらなる企画を持ち込み立ちはだかる。果たしてクライアントの社長の心を動かすのは!?

◆第11話 親父の紙ヒコーキ
“独創性”とは一体何なのか? 頭を悩ます澤田兄弟の前に団田が再び姿を現す。父の過去を語るとともに、太郎(杉浦太陽)に原点回帰を促す団田(団時朗)。澤田一家と間島(大谷允保)はその答えを求め、故郷の工場に戻るのだった…。

◆第12話 みんなのスロット
プレゼン直前、何者かの圧力で企画の要“タレント起用”が頓挫してしまい、企画の成功はもはや絶望的に…。だが、作るべきものを見出した兄・太郎(杉浦太陽)と、そんな兄を強く信じる弟・正太郎(高田宏太郎)。果たしてプレゼンの行方は…。

◆出演 大友康平/上原さくら/大谷允保/高田宏太郎/櫛山晃美/垣内彩未/小林由梨/長沢純
◆監督・脚本 土持幸三/脚本 山下澄人


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
うさぎたちのもちつき 【国内ドラマ】 ドラマ情報/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる