ドラマ情報

アクセスカウンタ

zoom RSS ハチミツとクローバー 〜蜂蜜幸運草〜 【中国・台湾系ドラマ】

<<   作成日時 : 2010/04/07 10:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ハチミツとクローバー 〜蜂蜜幸運草〜

■『ハチミツとクローバー 〜蜂蜜幸運草〜』
850万部突破のベストセラー少女マンガ「ハチミツとクローバー」を台湾の人気俳優主演でリメイク! 「イタズラなKiss〜惡作劇之吻〜」シリーズで人気急上昇中のジョセフ・チェンが真山巧役を、チャン・チュンニンが山田あゆみ役を演じるなど、台湾が誇る旬の豪華キャストが結集。原作者・羽海野チカも絶賛した「ハチクロ」台湾バージョン。

◆第1話 出会いと始まり
美大の彫刻科に通う森田と建築科の真山&竹本は、美術史を教える花本先生のアトリエで人形のような美少女と出会う。彼女の名は花本はぐみ。愛らしいはぐみを見て、竹本は一目で恋に落ちる…。一方、陶芸科の山田は、“魔女”と呼ばれる担当教授から、娯楽施設「ドリームランド」に展示するための作品を提出するよう命じられていた。

◆第2話 ぶつかりあう才能
課題の絵を提出しなかったせいで、幸田にこっぴどく怒られる真山。真山に片思い中の山田は彼を助けに入る。だが2人を追いかける最中に、はぐみの絵を見た幸田はその才能に感動。彼女の絵をコンペに出品するよう、花本を説得する。一方、真山は原田デザイン事務所で働き始めるが、足が不自由でさみしげな社長の理花に惹かれ始める…。

◆第3話 交差する思い
ドリームランドのコンペのため、「ポップな絵」を描くよう強要され困惑するはぐみ。森田ははぐみの絵を入選させるため、自分のコンペ出品をやめて行方をくらます。そしてコンペ当日、結局「ポップな絵」を描けなかったはぐみは田舎へ帰る準備をするが…。真山はというと、理花にまったく相手にされない日々が続いていた。

◆第4話 伝わらない気持ち
原田デザイン事務所でのバイト中、理花が突然倒れてしまう。誰かを求めるように手を差し出す理花を見て、真山は思わず彼女を抱きしめるが…。一方、マイペースな森田はストレスで落ち込むはぐみにパンをあげようとする。だが手が触れた瞬間、全身に電流が走ったような気持ちに!? それ以来、竹本と仲良くするはぐみを見ても複雑な心境に…。

◆第5話 自分の存在って何?
強引でマイペースな森田を怖がっていたはぐみも、遊園地で助けられたことをきっかけに少しずつ彼に心を開いていく。クリスマスが近付く頃、小鳥のブローチを手作りした森田は、それをはぐみのマグカップにこっそり入れておく。一方、真山と山田の関係も動いていた。「私は真山にとって何なの?」と問い詰める彼女に、真山は当惑するが…。

◆第6話 カップは誰に送る?
花本先生から理花の過去について聞いた真山は、自分のジョークが彼女を苦しめていたことに気づかされる。一方、花本先生は恩師から長期のモンゴル調査旅行に誘われ、はぐみを連れて行くべきかどうか悩んでいた。そんな折、創立記念日が近付く大学では、好きな人にお手製のカップを渡す「告白カップ」が話題になっていた。

◆第7話 割れた告白カップ
真山から「カップを焼いてほしい」と頼まれた山田は、それが自分のためのものだと勘違いしてしまう。だが創立記念日、0時近くになっても真山は現れない。彼はカップを持って理花のもとへ行っていたのだった。ヤケ酒を煽って泥酔した山田は、戻ってきた真山に介抱され、家まで送ってもらうことに。だがそこで真山から決定的な言葉を告げられる…。

◆第8話 気付かない恋の始まり
宝くじで当たった30万円を元手に、温泉旅行に出かけたはぐみたち一行。夜、ふざけた森田は旅館の掛け軸を破ってしまうが、「弁償するくらいなら俺が描く!」とその場で代わりの絵を描き始める。森田の筆さばきに、はぐみは目を奪われる…。そして後日、たまたま一緒に画材を買いに出かけた森田とはぐみは、恋人同士と間違われてしまい!?

◆第9話 それぞれの秘密
理花にクビにされたショックで、就職面接の準備に取り掛かる気力を失った真山。そんな真山の姿に胸を痛める山田は、「一度であきらめるような愛は本物じゃない!」と一喝。自分の面接を蹴ってまで、真山の面接を懸命に手助けする。一方、森田の兄が登場。森田にアメリカ行きを指示するが、そこには複雑な事情が見え隠れしていた…。

◆第10話 好きはライトで愛はディープ
山田のおかげで真山はデザイン事務所の一時面接を通過。「いっそのこと山田と結婚すれば?」と言う森田に、真山は「好きと愛するという気持ちは違う。好きは37度の微熱で愛は41度の高熱だ」と答える。その返事を聞いた森田も、はぐみのことを思い浮かべていた。はぐみを元気づけるために、森田はネズミ型おもちゃをプレゼントするが…?

◆第11話 森田の旅立ち
はぐみがマフラーを欲しがっていると知った森田は、徹夜で手編みマフラーを完成させる。そしてアメリカに旅立つ朝、はぐみの首にマフラーをかけた森田は、思わずそのままキスをしてしまう! その直後、モンゴルからは花本先生が帰国。森田に恋するはぐみの姿を目の当たりにして、怒り狂う花本先生。だが一心不乱に絵筆を握るはぐみを見て…。

◆第12話 複雑な男ゴコロ
幸田先生の逆鱗に触れた山田は、またしても大学院退学の危機に! だが真山の事務所の先輩・野宮が機転を利かせてくれたおかげで、なんとか合格が決まる。野宮はこれまで大勢の女性とつきあってきたプレイボーイだったが、今度はなぜか山田に目をつけた様子。何かと理由をつけて山田に接近する野宮に、真山は必死に抵抗するが…?

◆第13話 森田の凱旋帰国
はぐみや森田の世界に近付きたい竹本は、作品制作に没頭する日々を送っていた。だがオーバーワークで体を壊し、入院してしまうことに。お見舞いに来た真山たちと竹本が病室のテレビでアカデミー賞授賞式の中継を見ていると、何と会場には森田の姿が!? 一方、野宮に食事に誘われた山田は、つい車の中で眠ってしまう。すると目覚めた場所は…!?

◆第14話 親ゴコロと恋ゴコロ
山田と野宮の仲を過剰に心配する真山だったが、一方で自身の理花への恋心は大きくなるばかり。そんなとき、野宮は社長から「理花を建築コンペに参加させるよう説得して来い」と命じられる。だが野宮はその役目を「口実があれば理花に会えるぞ」と真山に丸投げ。心が揺れる真山は理花の事務所を訪れる。だが山田が真山の後をつけて…!?

◆第15話 あてつけの恋?
めでたく卒業が決まった森田。学生時代に別れを告げるべく、ド派手な演出でライブを開催しようとするが、リハーサル中に事故を起こしてしまう。それでも車椅子に乗り、何とかライブを決行しようとするが!? そこへ遅れてきた真山が登場。その姿を見た山田は、当てつけに野宮と2人で深夜のドライブへ繰り出してしまう。

◆第16話 ふたつの待ちぼうけ
自分の曖昧な態度が山田を傷つけていると気づいた真山は、話をするために彼女を食事に誘うことにする。しかし、出先で理花に出会った真山は、山田との約束を後回しに理花を事務所まで送り届けてしまう。またも約束をすっぽかされた山田は、一人待ちぼうけをしていた…。その頃、森田は兄からの電話をきっかけに、はぐみの元へと向かうが?

◆第17話 竹本の自分探し
ドリームランドの観覧車の下で、森田を待ち続けるはぐみ。だが、森田がかけつけたときにはすでに閉館時間で、はぐみは暗い館内をさまよっていた。森田は必死にはぐみを捜し出し、観覧車の下でふたりは抱きしめあう…。翌日から親密度を増した2人を見て、就職が決まらない竹本は落ち込むばかり。すべてに傷つき疲れた竹本は、寮を出てしまうが…。

◆第18話 純情すぎるケダモノたち
はぐみに「触れたい」気持ちが日々高まる森田。恋愛経験がほとんどない森田は、そんな欲望を打ち消すため、一心不乱に彫刻にエネルギーを傾ける。一方、野宮の山田への恋心も爆発寸前だった。一日だけの約束で山田を誘い出したデートの日、野宮は思わず彼女にキスをしてしまう。だが山田にとってそれは大事なファーストキスだった…!

◆第19話 旅の終わり
野宮が仕事で台北を離れることになった。これまで山田と組んで進めていた建築プロジェクトは、野宮から理花の手に引き継がれることになる。山田×理花の組み合わせに不安を覚える真山。だがそんな心配をよそに、不思議と女2人は芸術的シンパシーを感じあっていた。その頃、自転車で旅を続ける竹本は、真夏の暑さで倒れてしまい!?

◆第20話 近くて遠い距離
理花が社長をする原田デザインに、山田がスタッフとして通い始めた。だが、真山と理花が一緒にいる姿を見るたびに、山田の心は深く傷つくばかり…。そんな山田の痛々しい姿を察した野宮は、わざわざ彼女に会うためだけに台北まで舞い戻る。一方、理花は亡き夫の故郷である香川県の直島へ行こうとしていた。それを知った真山は胸騒ぎを感じて…。

◆第21話 奇跡を探しに
理花を追って香川県の直島へと向かった真山。そんな彼を理花はあっけないほど素直に受け入れてくれる。だがそれはすべてを終わらせるためだった…。そして「自分探しの旅」から無事に戻ってきた竹本は、以前よりも男らしさを増していた。自信を取り戻した竹本は、ついにはぐみに長年の想いを告白する。だがそこへ森田が突然現れて…!?

◆第22話 はぐみの負傷
理花と心が通じ合ったと思ったのに、再び冷たくされたことで真山はふさぎこんでいた。事務所にも顔を出さず、落ち込む真山のもとについに理花が訪れるが…? はぐみと森田は以前のような関係を取り戻すが、またしても森田の兄からの連絡が2人の邪魔をする。森田兄弟にとっては、ついに「復讐」の準備が整ったのだった…。

◆第23話 まわり続ける観覧車
右手を負傷したはぐみのもとに、森田が帰ってきた。「自分の芸術家としての人生を捨てても、はぐみのそばでリハビリを手伝う」と励ます森田。だが真に芸術を志す2人にとって、それは正しい選択とは言えないものだった…。天職を見つけた竹本、真山への想いを断ち切った山田、そして台湾を離れた真山。仲間たちはそれぞれの道を歩き始める…。

◆監督:リン・ローハン
◆出演:山田あゆみ(チャン・チュンニン)、森田忍(エディ・ポン)、真山巧(ジョセフ・チェン)、花本はぐみ(伊藤千晃)、竹本祐太(リー・グォイー)、原田理花(ターシー・スー)、野宮匠(デビッド・チェン)、花本修司(チャン・ハン)

>>ハチミツとクローバー 〜蜂蜜幸運草〜 DVD BOX




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
ハチミツとクローバー 〜蜂蜜幸運草〜 【中国・台湾系ドラマ】 ドラマ情報/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる