ドラマ情報

アクセスカウンタ

zoom RSS RHプラス 【国内ドラマ】

<<   作成日時 : 2010/02/05 10:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

RHプラス

■『RHプラス』
人気コミックが、注目のイケメン俳優たちを起用した実写ドラマとして登場! ある街に建つ一軒の洋館“月長館(げっちょうかん)”では、管理人のきよい・大学生の政和・高校生の誠とあげはの4人が、ごくフツーに暮らしている。だが彼らには、大きな声では言えない秘密がある。それは、彼らが「吸血鬼(ヴァンパイア)」だということ。フツーだけどフツーじゃない彼らのヴァンパイアストーリーが、いま始まる!

◆第1話 1st Blood
とある街の古い洋館『月長館(げっちょうかん)』に暮らす、管理人のきよい(高野八誠)、大学生の“合コン王子”政和(尾嶋直哉)、そして高校生の誠(三浦悠)とあげは(栩原楽人)。4人のもつ、人には言えない大きな秘密。それは彼らが「吸血鬼(ヴァンパイア)」だということ…! 彼らはある人物からの依頼で、警察が動きたがらない“ヤバイ”事件を解決し、その報酬で暮らしているのだ。新たな依頼は“女子高生連続通り魔事件”の犯人を捕まえること。「なぜこんな普通の事件の依頼を俺たちに?」と訝しむが、早速“作戦”を開始する。

◆第2話 2nd Blood
ある夜きよい(高野八誠)は、誠(三浦悠)やあげは(栩原楽人)と同じ高校の制服を着た人影が、暗がりから月長館の様子を窺っているのに気づく。しかも最近、誠は学校で常に奇妙な視線を感じ、何者かに嫌がらせのような仕打ちを受けていた。不穏な空気が漂う中、ひとりの女子生徒が誠に近づく。

◆第3話 3rd Blood
最近、モラルのない吸血鬼に血を吸われ過ぎ「鬼化」した凶暴な人間が、街で頻繁に事件を起こしているという。その「鬼化」した人間の確保をミスターに依頼される誠(三浦悠)たち。あげは(栩原楽人)と誠が任務遂行へ向かう中、別の目的のため密かに抜け出していた政和(尾嶋直哉)を、悲劇が襲う。

◆第4話 4th Blood
いつもの「月長館」。きよい(高野八誠)は帰りが遅くなると言って出掛け、政和(尾嶋直哉)は懲りずに合コンへと向かった。当初はふてくされ気味だったあげは(栩原楽人)だが、内緒で狩りをしようと企み、誠(三浦悠)を強引に誘って街へと繰り出すが…。

◆第5話 5th Blood
ある休日、政和(尾嶋直哉)の部屋に積み上げられた大量の本が雪崩を起こしてしまう。それをきっかけに、みんなで月長館の大掃除をすることに。誠(三浦悠)、あげは(栩原楽人)、政和、きよい(高野八誠)に加え、亜美や遥も手伝うことになるが…。

◆第6話 6th Blood
今回のミスター(道隆)の指令は、個人情報を売買する組織から、盗まれたデータを取り戻すこと。危険な事にあげは(栩原楽人)たちを巻き込みたくない、と断るきよい(高野八誠)だが、自分たち吸血鬼に関する情報も含まれていると知り、協力することに。誠(三浦悠)、あげは、政和(尾嶋直哉)、そしてきよいは組織のアジトに侵入するが…。

◆第7話 7th Blood
唯一、狩りが許されている月に一度の“解禁日”がやってきた。朝からご機嫌なあげは(栩原楽人)は、誠(三浦悠)を誘い亜美がセッティングしてくれた合コンへと向かう。もちろん、政和(尾嶋直哉)も宝田セレクトの合コン会場へと走り、それぞれの狩りを成功させる(!?)はずだったが…。

◆第8話 8th Blood
亜美が家族旅行に行くと知った誠(三浦悠)とあげは(栩原楽人)。楽しげな様子をうらやましく思ったあげはは、自分たちも温泉旅行へ行こうと提案する。“仕事の依頼がある”ときよい(高野八誠)に却下されつつも、誠をダシに尚も食い下がるあげは。しかし、そんなあげはの態度が思わぬ波紋を月長館にもたらしてしまい…。

◆第9話 9th Blood
無秩序に狩りをしていた吸血鬼が、「ミスター」の監視下から姿を消したという。そんな中、街で血の臭いを放つ怪しい車を見つけ、後を追う誠(三浦悠)とあげは(栩原楽人)。だが辿り着いた古い建物の入り口で、突然あげはが不調を訴え倒れてしまう。あげはが体調を崩したことに責任を感じる誠は、原因を探るため一人で再びその場所に乗り込んで行くが…。

◆第10話 10th Blood
ある朝、誠(三浦悠)の姿がないことに気付いた月長館の面々は、最近一人で出歩くことが増えるなど、今までと違う様子の誠に、不穏なものを感じる。合コンの約束をドタキャンして誠探しに乗り出す政和(尾嶋直哉)に対し、きよい(高野八誠)はいまだ寝込んでいるあげは(栩原楽人)を残して出かけることもできず、道隆に助けを求めるのだが…。

◆第11話 11th Blood
誠(三浦悠)がかつて暮らしていた教会の神父が、吸血鬼と思われる何者かに殺害された。事件が起きた夜、教会を訪れていたという誠に、その理由を問うあげは(栩原楽人)と政和(尾嶋直哉)。自分が疑われていると感じて部屋に閉じこもる誠は、教会で暮らしていた頃の出来事を、そして初めて月長館にやってきた時のことを、静かに思い起こしていた…。

◆第12話 12th Blood
ニュースで母親が殺されたことを知り、誠(三浦悠)はショックで寝込んでしまう。だが誠は、体調が戻らないまま密かに月長館を抜け出すと、母が住んでいた街を訪れた。懐かしい光景に母と過ごした日々を思い出す誠の中では、それと同時にある忌まわしい記憶が蘇ろうとしていた。そんな誠の前に、一人の男が姿を現す。

◆第13話 Last Blood
誠(三浦悠)の父に連れ去られたあげは(栩原楽人)を奪還すべく、必死で行方を追うきよい(高野八誠)たち。自分のもとへ誠を連れ戻そうとする父親は、あげはを従わせるため強硬手段に出る。誠たちは無事にあげはを救出することができるのか。そして極限状態の中、決断を迫られる誠。月長館での暮らしと、肉親と共に生きる道。果たして、誠はどちらを選ぶのか…。

◆スタッフ 原作:B's-LOG COMICS「RHプラス」諏訪絢子/エンターブレイン  監督:市野龍一/會田 望  撮影:菊池 亘  照明:井上幸男  美術:塩田 仁  録音:川田 保  音楽:田尻光隆  脚本:笹野 恵/うえのきみこ  アクションコーディネート:ACファクトリー(冨田昌則/新上博巳)  VFX・視覚効果:日本映像クリエイティブ・ソニーPCL 衣裳協力:カズプロジェクト  制作プロダクション:ゼネラル・エンタテイメント  製作:「RHプラス」製作委員会
◆キャスト  野上誠…三浦悠  瀬戸あげは…栩原楽人  田村政和…尾嶋直哉  きよい…高野八誠

>>RHプラス シリーズ DVD

RHプラス I [DVD]
アニプレックス
2008-04-23

ユーザレビュー:
一巻見所は…、楽人君 ...
腐女子が喜びそうな作 ...
ホントに、はまります ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

RHプラス II [DVD]
アニプレックス
2008-05-28

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

RHプラス III [DVD]
アニプレックス
2008-06-25

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

RHプラス IV(最終巻) [DVD]
アニプレックス
2008-07-23

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
RHプラス 【国内ドラマ】 ドラマ情報/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる