ドラマ情報

アクセスカウンタ

zoom RSS マリナ 〜 恋に落ちた女神 シーズン2 【海外ドラマ:ラテン系】

<<   作成日時 : 2009/12/19 16:25   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

マリナ 〜 恋に落ちた女神 シーズン2

■『マリナ 〜 恋に落ちた女神 シーズン2』
上流社会でリカルドとの恋を成就させたマリナ。幸せに見えた彼女に不幸の影が忍び寄る。奪われた息子を求めて渦巻く悪意に翻弄されるマリナの運命は……。情熱のラテンドラマ、待望のセカンドシーズン!

◆第1話 愛人の噂
ロサルバがリカルドの秘書としてアラルコン海運に入社する。彼女から16年前に娘を施設に預けたと告白され、動揺するリカルド。その施設は、リカルドが16年前にパティを引き取った施設だった。一方、チュイの地元では彼がマリナの愛人だといううわさが広まる。ルペの耳にうわさが入るのを心配したチュイは、しばらく会いに来ないようマリナに頼む。息子を再び失う恐怖に駆られたマリナはし、ついにルペに真実を話す決心をする。

◆第2話 マリナのマンションに越したチュイ
マリナはチュイを奪う気はなく、実の母であることもまだ明かさないとルペに告げる。チュイは、マリナが用意したマンションに越す。同じマンションに越そうとしていたサラは、そこにマリナが出入りしていることに気づく。一方、マリナが電話でチュイと話すのを聞いたパティは、母に愛人がいると誤解する。マリナを尾行してマンションにたどり着いたアルベルタとパティは、マリナの所有する部屋にチュイが住んでいると知る。

◆第3話 ダイヤのネックレス
マリナがチュイにマンションの一室を買い与えたと知ったアルベルタとパティは、リカルドの前で真相を暴こうとワナを仕掛ける。一方、サラとフリオもマリナの秘密を知り、彼女から大金を脅し取ろうとたくらんでいた。ある晩、リカルドと仕事の会食へ行くことになったマリナは、売ってしまったダイヤのネックレスをつけるよう言われ動揺する。ギジェルモはマリナを助けようと彼女の相談に乗るが、リカルドに話を聞かれてしまう。

◆第4話 パティに恋心を抱くチュイ
リカルドに内緒で、マリナは宝石を売ってチュイに援助を続ける。チュイとマリナが不倫関係にあると誤解したパティは、2人を引き離そうと海外旅行を計画する。しかし、マリナが旅行に反対したため、母娘の溝はいよいよ深まる。そんな事情を知らないチュイは、パティに恋心を抱く。一方、ロサルバはパティが自分の娘ではないかと疑い始める。さらに、海運会社の新入社員としてフェデリコが採用されたことを知り、彼女は動揺する。

◆第5話 深まる母娘の溝
マリナに対して反抗的な態度をとるパティ。マリナが話をしようとしても、部屋に閉じこもって出てこない。我慢できなくなったマリナは、合鍵を使ってパティの部屋に押し入る。口論の末、マリナはパティの怒りの原因を突き止める。しかし、真実を言えずに娘との溝はさらに深まる。腹を立てたパティは、チュイと母親を引き離すため、ある計画を思いつく。そんな2人の関係に悩むリカルドは会社でも問題に直面し、ますます頭を抱える。

◆第6話 チュイとパティのデート
書店に行くとウソをつき、チュイはパティとデートに出かける。家庭教師の授業もすっぽかし、夜になっても帰らない息子に腹を立てたマリナは、ルペを責める。一方、娘の養父母の名を聞き出そうと食い下がるロサルバに、養護施設の院長の心は揺らぎ始める。一方、パティはマリナの浮気を暴こうと次の計画に乗り出す。さらに追い打ちをかけるように、再びダイヤのネックレスを取りに行くよう、アルベルタはマリナに念を押す。

◆第7話 真実を知ったロサルバ
マリナはダイヤのネックレスを売ったことを隠すため、なくしたとリカルドにウソをつく。マリナの家に泥棒に入って逮捕されたという事実をチュイから聞いたルペは、激しくショックを受ける。院長からパティが自分の娘だとついに聞き出したロサルバは、アラルコン家のパーティーに無理やり参加する。パティの計画どおり、そのパーティーにはチュイが現れる。パティはチュイが恋人だと紹介し、マリナは激しく動揺する。

◆第8話 解かれた誤解
パーティーを企画して母親の不貞を暴こうとしたパティ。計画は失敗に終わるも、後日マリナとチュイが抱き合うところを目撃し、母親を責め立てる。マリナは娘の誤解を解くため、チュイは自分の息子だと打ち明ける。しかしチュイに好意を抱き始めていたパティは、彼と兄妹であると思い込み複雑な気持ちになる。一方、ロサルバは自分がパティの生みの親だとリカルドに告白する。驚いたリカルドは、ロサルバに娘との接触を禁じる。

◆第9話 禁断の恋に悩むパティ
チュイがマリナの息子だと知り、自分の恋心は許されないと思い込むパティ。娘の恋心を知りつつも、養女である事実を告げたくないとマリナはジレンマに苦しむ。一方、パティと会う機会が欲しいとロサルバに頼まれたリカルド。実母だと名乗らないことを条件に、ロサルバ宅にパティが行くことを許可する。マリナの前に、サラと死んだはずのフリオが現れる。チュイをマリナの愛人だと思い込む2人は、彼女に高額な口止め料を要求する。

◆第10話 ロサルバの出現に動揺するマリナ
パティの実母ロサルバの出現に、マリナは動揺する。娘に実母だと名乗らないとリカルドに約束したものの、ロサルバは確実にパティとの距離を縮めていく。一方、身近に裏切り者がいると告げる匿名の手紙が、リカルドの元に届く。リカルドはサラの恐喝だと確信するが、身辺を調べるようアルベルタに忠告される。チュイは意を決して愛を告白しにアラルコン邸へ出向くが、チュイを実の兄だと信じるパティに冷たく追い返される。

◆第11話 フェデリコとロサルバの再会
フリオたちに言われるまま、口止め料を支払うマリナ。リカルドと一緒にチュイの裁判を中止しに行くが、興奮して検事と口論になる。ルシアは牧場で暮らし始める。ホアキンは遺言状にルシアを加えようとするが、ベロニカに妨害される。経営の苦しいアラルコン海運は、フェデリコをパートナーに迎える。18年ぶりに彼と再会したロサルバは、大きなショックを受ける。一方、サラはチュイの家に突然訪問し、あれこれと詮索する。

◆第12話 フリオはリカルドにマリナの浮気を告げる
口止め料を受け取ったにもかかわらず、マリナが浮気しているとフリオはリカルドに電話する。ウソを重ねるマリナに対し、リカルドの不信感は高まり探偵に調査を依頼する。倒産の危機に追い込まれたアラルコン海運を救うため、フェデリコはホアキンに多額の融資を依頼する。アルべルタはチュイがマリナの愛人だと思い込み、マンションに乗り込んでルぺに嫌がらせをする。さらには、リカルドに浮気をバラすとマリナに告げる。

◆第13話 心臓発作に倒れたアルベルタ
アルベルタがチュイのことでマリナを責め、口論に発展する。興奮したアルベルタは心臓発作を起こし、病院に運ばれる。アルベルタは、マリナが浮気していると病床でリカルドに告げる。不信感を募らせたリカルドはマリナを責め立て、夫婦間に亀裂が生まれ始める。それでもマリナは、まだ真実を明かす時ではないと、チュイのことを隠し通す。その一方で、マリナはチュイを自分の屋敷に住まわせることを決意し、ルペに話す。

◆第14話 マリナの浮気調査
リカルドにマリナの身辺調査を依頼された探偵は、チュイのマンションでサラからマリナの浮気について聞かされる。アルベルタの治療費を工面するため、リカルドは宝石を売るようマリナに頼むが拒否される。ますます彼女に疑いを抱いたリカルドは、そんな時に探偵からサラのうわさ話を聞かされ、妻に愛人がいることを確信する。おじの財産を狙うベロニカは、ホアキンが融資した資金を監視するという名目でアラルコン海運に向かう。

◆第15話 パティ出生の真実
リカルドはマリナの浮気を突き止めようとチュイのマンションを訪ねる。マンションの入口で会ったサラから相手が16歳の少年だと聞かされ、彼はショックを受ける。浮気を追及されても弁解しない妻に怒ったリカルドは、ついに屋敷を出ていく。その頃、アントニエタがパティの元を訪れ、ロサルバが実母だと伝える。ホアキンの容体が悪化し、ベロニカは牧場に戻る。おじの財産を独り占めするため、彼女はとんでもない行動に出る。

◆第16話 フリオの手に落ちたパティ
養子だと知り家を飛び出したパティは、街でフリオに声をかけられる。パティの名を聞いてリカルドの娘だと気づいたフリオは、サラと暮らす家へ彼女を連れて行く。一方、リカルドとチュイの争いを避けるため、マリナは息子を連れて一年間海外へ行くとルペに告げる。チュイを奪われることを心配したルペは、チュイを連れて地元の家に戻ってしまう。パティを手中にしたサラとフリオは、アラルコン家に身代金を要求しようと策略を練る。

◆第17話 身代金要求
パティはフリオたちから逃れて家に戻る。だが傷心の彼女が家に戻るはずがないと見込んだフリオは、マリナに電話をかけて身代金を要求する。マリナはフリオたちをワナにかけようと、パティが戻っていないとウソをつく。混乱が続いた日の翌朝、リカルドは家を出るとマリナに告げる。パティが必死に止めても彼の決意は変わらず、マリナは2人の終わりを覚悟する。夫婦の不仲を知ったベロニカは、リカルドを恋人にしようと策略を練る。

◆第18話 アラルコン海運、倒産の危機
ホアキンの死で融資者を失い、会社は倒産の危機に陥る。パティは自分を捨てたロサルバが許せず悩み苦しむ。アルベルタは落ち込むロサルバに、パティに近づくなときつく忠告する。一方、マリナはついにチュイが息子だとリカルドに打ち明ける。夫が聞く耳を持たないので、マリナは彼をチュイに会わせて証明しようとする。そこへルペたちを守ろうとしたチェラが現れ、チュイはマリナの愛人だとウソの証言をする。

◆第19話 リカルドの決意
チェラのウソを信じて、マリナへの疑いを深めるリカルド。リカルドとマリナを別れさせようとたくらむベロニカは、ラウラに変装してリカルドにウソを吹き込む。息子の誘拐話もウソだと聞かされたリカルドは、ついにマリナとの離婚を決意する。ルペはマリナが捜しに来たことを隠し通そうとするが、うわさ好きのクロリンダがチュイに真実を話してしまう。チュイに問い詰められたルペは、罪の意識を感じながらもウソを重ねる。

◆第20話 リカルドに迫るベロニカ
リカルドはフェデリコの家で酔いつぶれ、ベロニカに介抱される。彼女は落ち込むリカルドに優しく迫りキスをする。ルペはチュイを連れて首都へ引っ越そうとするが、パティと離れたくない彼は拒否する。マリナは何度もチュイの地元を訪れ、ルペとチュイの行方を捜す。同じ頃、フリオはチュイに再び接近する。一方、パティは自分が養子だという事実を受け入れられず苦しむ。彼女はロサルバに会い、なぜ自分を捨てたのかと問い詰める。

◆第21話 離婚弁護士
ベロニカが盗んだ修道服で変装してリカルドをだましていると、ルシアはラウラに打ち明ける。そのことを知ったベロニカは激怒し、ルシアに逆襲する。リカルドは離婚弁護士を雇い、ついに家を出る決意をする。チュイの消息を突き止めたマリナはルペの家に乗り込む。動揺したルペは、チュイがマリナに恋をしたので距離を置いた方がいいとウソをつく。一方、エリアスから会社の倒産を知らされたギジェルモは、怒りをあらわにする。

◆第22話 抹消された出生記録
屋敷を出てフェデリコのマンションに越したリカルドは酒におぼれる。そんな息子の姿に胸を痛めるアルベルタは、非難の矛先をマリナに向ける。パティは口論する2人の前で気を失い、病院で検査を受ける。マリナに接近したベロニカは、巧みな演技で彼女をだましつつ、マリナが出産した病院に向かいチュイの出生記録を抹消する。ベロニカの悪意に満ちた行動を知ったルシアは彼女に刃向かうが、病人扱いされた上にひどい目に遭う。

◆第23話 パティの検査結果
フェデリコに勧められ、リカルドはチュイの出生記録を調べる。ところが記録は破られていて見つからない。同じ記録帳をマリナが直前に閲覧したと知ったリカルドは、マリナが記録を破った犯人だと思い込み、怒りを募らせる。一方、パティの検査結果を聞くためマリナは病院に電話をかけるが、医師はリカルドとまず話したいと言う。医師と話を終えたリカルドから信じられない事実を聞き、マリナや家族らは嘆き悲しむ。

◆第24話 失意の底のリカルド
リカルドはパティの学校へ行き、教師として働きたいと校長に申し出る。マリナはチュイに会いに行くが、クロリンダに邪魔されてしまう。パティの病気を知りショックを受けたロサルバは、児童養護施設の院長に会いに行く。フェデリコは、ベロニカが相続した事業を手伝うことになる。ベロニカは、失意で酒浸りの生活を送るリカルドを誘惑しようとする。マリナはパストラから、フェデリコが自分に恋愛感情を抱いていると聞いて驚く。

◆第25話 ベロニカの計画
酒に酔って帰宅したリカルドは、マリナに無理やり関係を迫る。自己嫌悪に陥った彼はベロニカに心の内を告白するが、その時にベロニカの家にサングラスを忘れてしまう。ベロニカはそのサングラスをマリナに渡し、夫の浮気を疑うよう仕向ける。ベロニカの計画を阻止すべく、ルシアはチュイの出生記録を手に入れる。妹の脅迫を受けながらも、意を決してマリナの家へ出向き、チュイの出生の証拠をリカルド夫妻に手渡そうとする。

◆第26話 ベロニカと一夜を共にしたリカルド
ルシアはチュイの出生記録をリカルドとマリナに渡そうとするが、フェデリコに見つかってしまう。怒ったベロニカはルシアを注射で眠らせる。パティは断続的に続くめまいに疑問を抱き始める。高校で教師として働きはじめたリカルドは、マリナとフェデリコの仲を疑い、ついにベロニカと一夜を共にする。一方、フェデリコはチュイをパティの高校に編入させるため、チュイを息子と偽り“リカルド・サンティバニェス”と名乗らせる。

◆第27話 パティと同じ高校へ通うチュイだが…
パティを病気から救いたいという一心で、ロサルバはアラルコン家に乗り込む。彼女は娘を海外で治療させたいと主張するが、アルベルタとマリナに屋敷から追い出されてしまう。マリナはフェデリコの助手として働く決心をするが、会社の社長がベロニカと知って不機嫌になる。チュイはフェデリコの援助でパティと同じ高校へ通うことに。期待に胸を膨らませて登校するが、リカルドが教師として同じ高校にいると知り、チュイは動揺する。

◆第28話 進行するパティの病
チュイがフェデリコの援助を受けて学校に通っていることを知り、リカルドはフェデリコに敵意を抱く。ベロニカは姉の裏切りが許せず、ルシアに麻薬を注射し続ける。パティは頻繁にめまいを起こすようになり、ついに投薬と輸血による治療が必要となる。本人に真実を話すよう勧める医師の言葉に、一家は戸惑いを隠せない。そこへ追い打ちをかけるようにフリオから連絡が入り、マリナは指定された場所に口止め料を渡しに出かける。

◆第29話 チュイのラブレター
マリナはフリオに口止め料の小切手を渡すが、彼は現金が欲しいと言い張る。口論の末にマリナは護身用の銃を発砲するが、フリオも銃で応戦して一緒に来ていたマティルデが撃たれてしまう。一方、パティへの思いを募らせるチュイは、ラブレターを書いて彼女のバッグに忍ばせる。しかし運悪くアルベルタに見つかり、マリナへの手紙と勘違いされてしまう。マリナとチュイがパティを利用していると思い込んだアルベルタは激怒する。

◆第30話 ルペの嘘
リカルドは、チュイがパティに書いたラブレターを目にする。アルベルタの話を聞いてマリナあての手紙だと信じ込んだ彼は、妻を問い詰める。マリナはチュイに会うためにルペの家へ行く。動揺したルペは、チュイを買い物に行かせている間にウソをつき、マリナを追い返す。ルペのウソを信じたマリナは、チュイが自分に恋していると思い込んで苦悩する。手紙の件に腹を立てたリカルドは、ラブレターを手にチュイの家へ押しかける。

◆キャスト、スタッフ
出演:サンドラ・エチェベリア、マノロ・カルドナ、ウンベルト・スリタほか
監督:ダビド・ポサダ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い
マリナ 〜 恋に落ちた女神 シーズン2 【海外ドラマ:ラテン系】 ドラマ情報/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる